上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人的資源のマネジメント、
特に自発的に労力の提供を申し出てくれる人たちのマネジメントなんかを考えていると、
とても多くの壁にぶち当たります。





「助けたい」と言っている人が先走って結果的にお荷物になってしまったり、
必要なスキルや優先的な計画に沿わなかったり、
しかるべき責任感を持ってもらうまでに「底上げ」が必要だったり、
なんて話はそこらじゅうにある訳です。




対価をお金で支払わない代わりに、何を支払うことが出来るのか。
相手は結局、何を欲しているのか。
もしくは、そもそも欲していないのか。



一人ひとりの傾向を見て上手く適所に充て、動かすには、
話し合いと根気と時間が必要です。







お金のないNPOの副事務局長の分際で偉そうなことを言うようですが、

「助けてあげる」という感覚を持っている人材は、本来はお荷物です。





最初から、上に立ってしまっている。
市民活動は、そんな状態を維持していては成り立ちません。
そして、上に立っている人に同じ目線へと下りてきてもらうことほど
難しいことはなかなかありません。


それでも、「同じ目線に下りてきてもらう」ことが、
「お荷物」であることを止めてもらうことが、
そして自らの「原点」を見つけて自分で動き出してもらうことが、
市民活動の大きな意味であるわけです。
変化をもたらすことが。一人ひとりを動かして、社会を動かすことが。
ひと一人を動かせないならば、結局社会は動かないのです。



だから、ドアは大きく開かれているべきです。
こうやって、使命と使命を実現するための手段の効率性の狭間で、
NPOの人材マネジメントは苦労を強いられます。






ボランティアは、「自己実現の場」として注目を浴びます。
仕事はつまらない。もっとイイことがしたい。
そうやって、社会の「大事な部品」になりたい。自分でそれを誇りたい。



大抵の場合漠然としていてカタチから入る「イイこと」を
カタチのまま終わらせてしまったら、
それはマネジメントの失敗です。





どうやって、「原点」を提供するか。
どうやって、「他者」の存在に気づいて貰うのか。






毎日毎日、上手くそれが出来ない自分にへこみつつも、
それでも私は自分の仕事が好きです。
それはNPOのミッションに共感しているからだけでなく、
集まる仲間が大好きだからなだけでなく、

やっぱり私も、ここで自己実現を絶え間なく行っているからです。
そして、「他者」と触れ合うのが自分にとって財産になるからです。




ギブアンドテイク。
ボランティアは、ギブだけの営みではありません。


そんなことを考えつつ、苦情対応のメールを書く私でした。
これはもう可能な限り悟りを開くしかありません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1047-3530b189
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。