上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新歓シーズンであります。



そんなわけで外大生なみちゃん、
NPO法人「スーダン障害者教育支援の会」(CAPEDSキャペッズ)
事務局を代表致しまして
筑波大学までリクルーティングへ行ったぞ!



capeds080418_1.jpg


↑サッカーボールを抱えて何やら他団体と意見交換中のナミキ。
髪ぼさぼさ。切りたいんですけどなかなか暇が。




筑波大学にはCAPEDSの支部があるんですよ。
チャリティーパーティーをして点字板を送るお金を集めたり、
勉強会をしたりブラインドサッカーしたりスーダン料理食べたりしてます。
そちらの支部に入ってもらいながら、
やる気のある人はNPO本体までリクルート……
という下心丸出しで新歓イベントに参加するナミキ。


だって今熱烈に人手を欲しているわけですよ。
広報、今後の戦略検討人員、イベントの企画などなど、
副事務局長大忙しです。



それにしても筑波大学は、




まじででかかった。


街かよ。
みたいな。




2003年だったかな、
受験生だったころ、
真夏に図書館情報大学を見学に行った時のことを思い出しました。

情報大学が筑波大学と合併する直前の年のことだったので
受験生たちは結果的に筑波大学の見学ツアーに参加せねばならなかったのに、
それを知らずに無人の情報大学前でバスを降りた私。

「説明会は筑波大学にて行います」

という張り紙を見て、
哀愁を胸に歩きましたよ。迷いながら一時間。
「ここから先、筑波大学」
って書いてある看板過ぎても一向に建物が見えないのね。
軽く殺意を覚えました。
だから受験しませんでした。
というのはウソですけど。





大体構内をバスが走ってるって何なん?
あんなに広くて授業の移動間に合うん??
24時間開いてる施設とか、外大生には夢のまた夢なんですけど。


外大と比べてみると、
若干閉鎖的な環境のせいか、皆さんアットホームでした。
こういうのは比較的ネットワークが作りやすそうです。
じゃんじゃん作ってもらいたいなぁ。
人が集まると、また新しいことが出来ますし。


でも外大も閉鎖的なのに、何でアットホームじゃないんだろう。





外大でも、
他の草の根支援サークルと合同でチャリティーパーティーをやりたくて。
楽しみながら興味を持ってもらったり、お金を集めたり出来ればいいなぁ。
5、6月くらいかなぁ。
フリーペーパー構想が軌道に乗りつつあるので
そちらにも手をかけつつ、
今度はチャリパのために人を集めて火をつけたいわけです。
他の団体とのネットワークも作りたいし。
だれかー。やろうよ~。






何でもあるけどお金だけはない人生。
せめてアイディアと人脈をお金に変えて生きよう。
いやいや名簿を売り飛ばすとかじゃなくてねw
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1049-a9a646a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。