上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと二日酔いのナミキです、おはようございます。
最近どうも元々無い文才が落ちているので、
やはりブログをちょこちょこ書こうと思います。リハビリです。



ところで今朝起きて、何故か一番に頭に浮かんだのは
ウォシュレットに関するアラビア語でした。



去年の秋に日本に来たパレスチナ人の教授の一言。










「いやぁ、日本はすごいよ。

 トイレからお湯が出てくるんだもの。」








……何か誤解を招く表現ですが、おほめにあずかりまして、どうも。



そういえば元ルームメイトのジャネッサ(アメリカ人)も
日本のトイレの写真を嬉々として見せてくれたっけ。
「日本はすごいわ!!」とか言っちゃって。
当時は英語なんてちっとも喋らなかった私、
更にウォシュレットについてのコメントを求められてもタジタジでございました。えぇ。





でも、ウォシュレットくらい外国にもあるだろ~。

と思ってパレスチナ人の教授に聞いてみた。






なみ:「え、でもドイツに住んでたんでしょ?
    ドイツにもウォシュレットくらいあるんじゃない??」





パレ人教授:「いやいや、彼らはそんなもの使わないんだ。
         紙で拭いて普通に歩きまわってるよ」










……何かすっごく誤解されているようです。
おじちゃーん、日本でもそれが普通なんだよう。








まぁでも、アラブ文化圏のトイレは
「用を足したら水で洗う」
「紙は使わなくてもよい」
「紙は流さない」

スタイルなので、
パレスチナ人の彼にとっては
紙で拭くドイツ式が奇異に見えたのかも知れません。








そういえばパレスチナ人ジャーナリストの友人が
世界のトイレを撮りためていました。
トイレ撮影専用のデジカメを持っているくらいの熱の入れよう。

マジュヌーン(crazy)です。
でも排泄は万国共通ですからねー。
いつか日本にも来て、ウォシュレットを激写してほしいものです。
写真集でも出さないかなぁ。





朝からこんな話ですみません。w
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1050-cf695e34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。