上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい30分ほど前、パパさんが帰宅しました。




ところでなみちゃん、
寝るときはパジャマを着ない(=下着のみ着用)んですけど、

その格好で
「そろそろ寝るきゃ~」
なんて思いながらパソコンに向かっていたら
いきなりパパさんがドアを開けて




「マイさん、パパは事故に……」



なんて言う訳です。
ちょっと事故どころじゃないですよ。
むしろこっちが大事故です。
あわててドアを閉めてもらい、服を着たのでありました。


まぁ私の部屋のドア、開けておくことが多いですし
物干しベランダがついてるんで
家族が毎日通るんですよね。
そんな空間で服を着ずに生活している私も私なのであります。


だって服着るの面倒なんだもん。(23歳の娘のセリフではない)







はい、気を取り直して。






そうそう、事故です。
タクシーで帰宅した並木父、
家から徒歩3分のところで別タクシーにぶつけられたんだそうです。
パパさんが座っていたのは優先車線を時速20キロで走るタクシーの、
助手席の後ろ。
助手席はぺしゃんこになっていたそうです。




その後警察を呼んで、人だかりの中で事情聴取を受けたそうですが、

相手のタクシー会社の事故担当係さんの態度が気に入らなかったらしく、
パパさんは相当おかんむり。トサカに来ています。コケコッコー。
まぁこの親にしてこの娘あり、といった感じですので、
並木パパは矢張り頑固なのであります。娘に輪をかけて頑固です。
ちなみに並木じいちゃんも頑固でありました。
従って私の子どもが生まれたら矢張り頑固になるんでしょうね。




でもまぁパパさん、
無事で帰ってきたことが何よりですよ。
アクリル板にぶつけた額と曲がった助手席にぶつかった足、
きちんと検査してきてね。
見えないところで何か起こっちゃうのが一番怖いんですよ。





夜のタクシーワールド、いとおそろし。
夜中の3時に家族会議が開かれた並木家よりお送りいたしました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1071-c83b0549
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。