上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.22 盗むぞ。
いつも空気を読まない私ですが、
自信がなくて自分が出せない時だってあります。



ビジネスの世界なんかが特にソレで、


特に新卒を取らないうちの会社(社員4名)に
新卒の私が入ることは
嬉しくもある一方でプレッシャーでもあり、
インターンを始めてからもう4ヶ月が過ぎようとしているのに
実は未だに会社でいつもビクビクしています。

言葉だけじゃしょーがないのが分かっていても
「すみません」の連発です。うー。ちくしょう。





使える人材になるのって、段階があるじゃないですか。


1.言われたことも出来ない
2.言われたことが正確に出来る
3.言われなくても正確に出来る
4.周囲の期待以上の仕事が出来る
5.人に仕事を教えることが出来る
6.新しい仕事を自分で作り出すことが出来る
7.全体をまとめ、システム化出来る


……今は未だ、明らかに1と2の間をふらふらしています。
それなのに6に跳ぼうとしてしまったりして、
企画書を出しちゃったりして無謀な子です。
これじゃ未だ、アルバイト気分。





来年度頭から社員として戦力になるのなら、
今年度中に5まで辿りつかなきゃ。




と思いながらも、
週2日・計11時間のお仕事じゃ
出来ることも取れる責任も見聞きできることも限られてきます。



来学期からは大学では卒論書くだけだし、
フルタイムで入る?



と思っても、
収入や「学生」身分の最後の活用という観点から見れば
それもまた”賭け過ぎ”です。







そんな狭間でうだうだ悩む日々がここ2ヵ月くらい続いていましたが、







そろそろ開き直って謙虚に行くことにします。
そうです。私は学生です。
だからインターンしてるんです。
だから学生活動だって大事にしています。


その代わり、



一週間に一つ、学生くさい既成概念を打ち破る。
一か月に一つ、心に焼きつくような教訓を叩きこむ。
血眼になって探す。週11時間もあれば絶対出来る。




あとはもう、盗むしかない。
大学事務棟でインターンしてた時みたいに。

32歳の社長を横目で見て、
お昼休みは社員さん達の話をちゃっかり聞いて、
かかってくる電話の応対に耳をそばだてて、
書類や裏白の紙を拾って目を通して、
社会人1年生の友人からもたくさん話を聞いて、
盗んで真似していくしかない。




1-2レベルの私が3-4レベルに跳ぶには
それしかありません。
諦められない以上、それをやるしかありません。やってやらぁ。ちくしょう。
負けない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1110-c035504f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。