上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペッペはアメリカへ飛んでゆきました。
帰国まで、おひとり様でのんびり一週間を過ごす予定です。

金曜日は、

社長に怒られて一人で泣いてました(笑)。
いやー、今となっては「笑」なんて付けられますが、
午後イチの時間は
スタッフと目が合わせられず、涙がボロボロ出て仕事にならなかったよー。
幸い私は嗚咽も鼻水も出さずに泣けるのでデスクで静かにしていましたが、
怒られたくらいでアホかい、と今は思いますw


実感したのは、
社内に相談できる人がいないなぁということです。
特に同性が居ないのが厳しい。皆忙しくて、細切れの時間しか共有できない。

あとは~、まだ仕事の全体像が分からないことが多い、ということかな。
何にどういう要素が求められるのか、よく分からない。
予想しようにも予想できないことがいっぱい。
早く覚えないとまた怒られるよ。

それから、諦めることの重要性。
どれだけ自分がコミュニケーションスキルを上げても、
どれだけ社会常識や会社内ルールを身につけても、
「歩み寄り」が無い限り100%のコミュニケーションは達成できない。



怒られて、悲しかったんじゃないんです、社長。
悔しかったんです。
「やり直し」なんて下らない仕事に時間を費やして、
また帰りが遅くなるんだな、って。


という訳で、
まずは保身ならぬ「保心」と「完璧な仕事」に力を注ぎます。
「完璧な仕事」のためにコミュニケーションに力を注ぐの、しばらく止めよう。
7時出社・18時終業に切り替えよう。
気合だ根性だ言ってないで、自分のペースで働ける環境を整えよう。
完璧に仕事をして提出したら、会社にダラダラ居続けなくていい。
外に出よう。夜は人と会って、好きなことして、早めに寝よう。


会社を「仕事」と割り切って自分の時間と発揮し得る能力を出し惜しみするようですが、
そうではないです。
やっとベーシックな配分を決めた、そんな感じがします。
社内の他のどんな要素を犠牲にしたって完璧に仕事をこなす、
先ずはここから始まるのではなかろうか、と。


よし、会社行こう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1144-5515cdd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。