上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.15 古傷だなぁ
もう二年も経ったのかぁ。

と、思わず感慨にふけってしまいました。
某京都の大学の古びた講堂で、

二年前の私は、
某キャラバンのお手伝いをしていました。
パレスチナ絡みの。


日本とパレスチナ、双方の役者が
共に劇を作り上げる、
なんて言えばすごく素敵な響きですが、
ツアーが終わった頃に連帯していたのは
日本人と「占領地パレスチナ」、
パレスチナ人と「日本赤軍」。


どうして時間を共有した目の前の相手と繋がらず、
時空を超えた虚構に繋がろうとするのか。
そんな見せかけの訴求力しか持たないものに
通訳翻訳として振り回されたのが悔しく、
二度とこのディレクターに関わるものかと、
泣きながら思ったのが二年前。


試行錯誤で進んでいけばいいじゃない、
計画して行動に移すことが大事だ、

なんてよく言うけれど、
多くの人の体と心と関係と未来を
粉々にするような試行錯誤は、
やはりイカンと思うのですよ。

そしてその企画書に、私の名前が載っている。
そんな納得できない事態は生まれて初めてでした。


そのキャラバンが、
来年第二弾をやるんだそうです。
今度はパレスチナで。

今度こそ、架け橋になりますように。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1168-a0dbb4c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。