上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23時、三鷹駅前のコンビニ。
相方と一緒にカミソリとシェービングクリームを選び、
レジで買い物を済ませる彼の後ろ姿を見ながら
文房具の棚の前に立っていた私の前を、

一人のおじさんが通りながらぼそっとつぶやきました。


「バカ」

「ん?」


と思い、コンビニから出て行こうとするそのおじさんの方を見たら、
彼は振り返って私の目を見て、もう一度いいました。



「バカッ」





?!




彼にぶつかった訳でも、何かしたわけでもないのに、
なんでそんなことを言われなければならないのだ???
私が、彼の行く手を塞いでいたとか?
だったら、「通して下さい」と言えばいいのに。





「何だか今、『バカ』って言われたようだよ」


と相方に言ったところ、
彼はおじさんの後を追っていきました。
階段を降りたところで、自転車に乗ったおじさんと鉢合わせ。



おじさんは、私に向かって

「バカヤロー!!!」

と叫び、自転車で走り去ったので、



まだ「人違いかもしれない」と思っていた私は
「いや、ヤローじゃないし!! せめてアマだし!!!w」
と冷静にツッコミながらも軽くショックを受けました。
そしておじさんに向かって
「殺してやるよ!!!!」
と叫ぶ相方にもショックを受けました。w




ねぇおじさん、
25歳の小娘をバカだと思うなら、
その理由を伝えてあげればいいのに。
彼女の何かにムカっとしたなら、
彼女が二度とそんなことをしないよう、教えてあげればいいのに。
もし万が一、彼女がその場でしたことが原因ではなく
彼女がひいじいちゃんの従兄弟の義姉の敵だったことに気づいたから
ムシャクシャして叫んだ、とかいうのであっても、
言ってあげればいいじゃない。
日本の娘が欧米人と付き合っているのが我慢ならん、というのなら、
それも伝えればいいじゃない。

言わないと、おじさんは
「ストレスが溜まってキレてるらしい変なおっさん」
で終わってしまうのに。
あなたの言葉は、相手を変えることはないのに。







思い出したのは、地元の図書館。
休憩スペースで騒いでしまった小学4年生の私たちグループに、


「ばかもの!!
皆のスペースなんだから、
ここでは静かにしなさい!!」


と怒ったおじいちゃんは、
「ばかもの」な私たちに、きちんと理由を伝えてくれた。
考える切っ掛けを与えてくれた。
だからこそ、15年経った今でも、
私は彼の言葉を覚えているのだ。
彼の言葉が乱暴でも、その言葉は私に届いている。




今夜、おじさんの口から発せられた「バカ」という言葉は、
虚しく空中を漂うようで、悲しくて、

「バカ」という言葉でまとめるしかできないおじさんの背中は
やっぱり悲しくて、



そして同じようなことはきっと、
今夜渋谷で、新宿で、数え切れない程起こるのだろうと思って、




切なくなりました。
私たちのコミュニティは、いつから、こうなの?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1207-0281f865
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。