上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近すっかり悪女のレッテルを貼られているナミキですこんばんは。
「あのひといい男だねー★」と言うと
「手を出すなよ、このガイジンキラーw」と言われて少々凹む日々です。笑
別にいい男にすぐ手を出すわけじゃないもん、このやろう!!w



今、日本時間は朝6時だけれど、こちらは夜の12時。
スーダンで3日を過ごしてみて、少しずつ言葉を覚えて、
しかし気候にやられています。以下、この国の第二印象。

・とにかく乾く。
知らない間に水分を失っている。
熱いから扇風機が天井で回っているのだけれど、
空気をかき回すと余計に目がかわいてシバシバする。開かない。


・警察がめんどくさい。
色々あって早速警察のお世話に。
テリトリー意識がものすごいらしく、
ヒステリックにわめいていてちょっとびっくりした。
ちなみに軍隊のお兄ちゃんの銃は多分年季の入ったカラシニコフだった。


・あたまいたい。きもちわるい。
熱中症になりかける。気を抜くとすぐ意識が飛びそうになる。
スーダンの気候ナメてたぜ…。
こんなんじゃ働けないよなぁ。日中は。


・シャバーブはどこでもヒマだ
道を歩くと「ニイハオ」「チャイニーズ!」と言われる。
シャバーブはどこでもヒマだと思った。


・コネの力はすごい
上の人から何か言ってもらうと、結構簡単にどうにかなったりする。
アラブ・アフリカ的だなぁとすごく思う。


・道端で水タバコが吸えない
今スーダンは公共の場所で水タバコが吸えない。
ラマダーン中から法律で禁止されているそうな。んなアホな。。。。
普通のタバコを吸ってる人も、パレスチナよりは少ない。
そしてホームステイ先の兄ちゃんによると、あまり女の子の嗜みではないらしい。
パレスチナだと皆ガンガン吸うのにな。ヒマだからね。


・あまりに知らない
そう、あまりに知らなすぎた。スーダンのことを。障がい者のことを。

大学の電気は配線しまくって繋ぎまくって分けまくって、すぐ止まる。
無理矢理やるのは、自分たちで何とかしないと結局動かないからだ、多分。
1980年代から大学の図書館に新しい本が入らない。
大学当局の横暴に楯突くときは命がけ。

スクールバスが止まれば、全盲学生の親は学校に連れてこないこともあること。
福祉省・教育省管轄の盲学校が、
「寮に食料が足りません、寄付を」なんて新聞広告を出す。
欧米系のNGOは、一体どこにいるんだろう? 姿が見えない。
パレスチナにはあんなにたくさんいたのに。

ほこりっぽくて、色々なものがすぐダメになる。
私が持ってきたペンのペン先も詰まるくらい。

携帯産業とネット産業の伸びを感じる。
携帯は外に出る若者なら普通に皆持っている。
ネットも、月払いでそんなに高くはないみたい。

スーパーに行ったら意外にアメリカのお菓子が置いてあったりして、
拍子抜けしたりする。
ヨーロッパやサウジのお菓子も多い。

こんなに乾いた大地なのに、フルーツや野菜が美味しい。自然な味がする。

皆宵っ張りだ。
夜11時を過ぎても、道路にたむろしてテーブルを囲んで何か飲んでいる。
男だけだけど。
女の子だけで夜出歩いているのは、ほぼ見かけない。おばさんだけ。

何もない、広いだけの道路の交差点にキレイなスクリーンがあって、
道路沿いでひっきりなしに広告を流していたりする。
幾らかかってるんだろう? どうしてそこだけカネをかけるかな。
土埃でダメにならないのかしら。

渋滞で並ぶ車10台のうち、2台がUNだったりする。
「まるで車のメーカーみたいだよね、ホンダ、ヒュンダイ、UNダイみたいな」
という友人の言葉に爆笑w

飲料メーカーの広告が多いこと。道端にも、ラジオにも。
ひたすら「チャンピオン」か「Vido」の広告ばっかだけど。




それにしても思ったけど、


ポメラ買ってくればよかった。
インフラの整っていない地域こそ、ポメラの活躍場所ですよね。。。
帰国したら真っ先に買いにいきそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/1240-15330af0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。