上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~、私って隙があるらしくて
日本でも真正の変態を呼び寄せてしまう傾向にあるのですが、

(あ、友達になる訳じゃないから
 「類は友を呼ぶ…」とか突っ込むのナシの方向で。)


海外でもやっちゃいました。
そんな訳で久々の旅行報告は変態のお話です。

シリアはあんまり一人で行動しなかったから被害に遭いませんでした。
ヨルダンも何故か被害に遭いませんでした。


大変だったのはイスラエルです。





独立宣言がなされた建物を探してウロウロしていたときのこと。
気がつくとその建物の前で一人の男の人が
こっちをガン見していました。


黄色いウィンドブレーカーを羽織って、
雨でも無いのにフードをかぶっています。
顔は整ってるけど目がマジ鋭い。
私の一挙一動を
目をかっ開いて見ています。


こわっ。
明らかに、関わらない方が無難です。



という訳で、その建物が閉館中だったのもあり、
私は建物と彼の前を自然に自然に通り過ぎました。




1ブロック過ぎて、こわごわこっそり後ろを確認してみる。





って、追いかけてきてるし!(泣)






彼は私の行く手に立ちはだかりました。




とりあえず恐る恐る挨拶して様子を伺ってみる。






なみ:「……シャ、シャローム…?(怖)」



男:(無言で近寄って目の前に立つ)



なみ:「えーと……。(困惑)」



男:「●◇☆θзЮΨ*!!!!」←ヘブライ語

  
なにやら呟きながら、なみちゃんの頬を撫で、
撫でた自分の指に自分でキスをする男。


なみ:(ナンパだろうか、と思いつつ) 
   「ごめんなさい、マジ急いでるんです」←英語



男、答えない。
ウィンドブレーカーのポケットから何やら出して
なみちゃんに押し付ける。



なみ:「何?? (こわごわ目で確認)」





って、



ニンニクなんですけど。


しかも皮むいて食べかけの。




なみ:「こ、これをどうしろと…。(脱力)」←思わず日本語



男:「д〇@>Шё!!!」
  (なみちゃんの腕を掴む)



なみ:「げっ」←思わず日本語で呻く




男、自分の指に填まった指輪をなみちゃんの口元に近づける。
キスしろと?




なみ:「いや、だから、私もう行かなきゃ(焦)」←英語



男:「∵∂∽〟γ!!」
  (さらに両手で掴みかかってくる)






やれやれ、私は穏便にことを運ぶのが好きだけど、
ここまできたら仕方がありません。
という訳で目一杯叫びました。



なみ:「Lo!!!!←ヘブライ語のNo



男の挙動が止まる。
ちょっと遠くにいた観光客の集団がこっちを向く。





そのままさっさと逃げました。








という訳で皆さん、
海外で絡まれてる女の子とか見たら
早めに助けてあげて下さいね。







彼の言葉はヘブライ語だったから理解は出来なかったけど、
多分訳したら


「君ってきれいだねぇ」



「そんな君にニンニクをあげよう。ぴったりだよ」



「ねぇ、これからこのニンニクで料理でもしないかい」



「大丈夫、怖がることないよ、ニンニクは身体に良いから!!」




みたいな感じに違いない、と
一人で納得しているなみちゃんでした。
ね、普通のナンパと違うでしょ。
ニンニク(しかも食べかけ)出して女の子が落ちると思ってる辺りが立派な変態ですよ。


という訳でイスラエルの変態のお話でした。
おしまい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/243-b4396bd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。