上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 隣人は、あたかも今まで会話が続いていたかのように僕に話しかけてきた。
「この戦争は2年前に終わったんじゃなかったのか? だったら何でこんな措置が必要なんだ?」
 僕は、彼がどの戦争、どの措置のことを言っているのか、すぐには分からなかった。それから彼がレバノン戦争のこと、僕らが受けた度重なる取調べのことを指していることに気がついた。
 僕は頭を彼の方に向けて言った。
 「予防は何の害ももたらしませんよ」
 60がらみの、中年の茶色い顔が僕の目の前に現れた。狡猾な二つの目がついているその顔を、灰色の薄いあごひげが取り囲んでいる。
 彼の視線は僕の服と髪の上を漂い、その動きは結婚指輪の無い僕の指と、白髪になりかかった頭のところでゆっくりになった。とりわけ僕の両足の間に投げ出された革の鞄を見ていたとき、彼が特に集中していることがありありと見て取れた。
 僕は酒の必要性を強く感じた。そこで頭を彼と逆の方に向け、乗務員の一人を探しながら、座席を分かつ通路の方に頭を傾けた。頭の中で持っている1ドル札の数を数えた僕は、ビールを注文することに決めた。そしてビールが半ドルは超えても1ドルにはいかない値段であったことを思い出した。恐らく乗務員はドルのおつりを返さないだろう。何故って、これはアラブの飛行機だし、僕らはアラブ人だから。だったらそのドルでグラス一杯のウィスキーやジンが買えるし、きっとそれらは僕の血管に何がしかの活力を蘇らせてくれるだろう。
 僕の反対側の席に座っている乗客の一人が僕の方を見た。彼は塗料か何かで黄色く染まった指で座席の背を掴んで、僕の後ろにいる客に、免税店でテープレコーダーを買ったかどうか、エジプト方言で尋ねた。
 例のサウジアラビア人は彼を指して僕に言った。
 「こいつらはイラクに働きに行くんだ。奴らはベイルート経由で旅をしなきゃならない。バグダット空港は閉鎖されているし、アンマン空港はこれ以上人をさばき切れないからな」
 僕はいよいよ酒が欲しくなった。そこに乗務員が通りかかったので、僕は彼女に一杯のウィスキーを注文した。例のサウジアラビア人は僕に非難の眼差しを投げかけたけれど、僕は気にしなかった。
 彼は僕に向かって尋ねた。
 「目的地はベイルート? それとも他の場所かい?」
 僕は答えた。
 「ベイルートです」
 「東ベイルートか? それとも西か?」
 僕は自動的に「東ベイルート」と答えそうになった。けれど、すんでのところで、ベイルートは現代世界の地理的な状況の、政治的な意味がひっくり返る場所だったことを思い出した。
 「西です。あなたは?」
 「俺は多くの場所で仕事があるからな」と彼は言った。
 乗務員が、コップ一杯分だけウィスキーが入っている本当に小さなビンと、氷の入ったコップを持ってきた。僕はビンを開けてコップに注ぎ、何回か振った後に口元まで持ち上げた。すると僕の内側に熱が広がった。僕はタバコに火をつけてゆっくり吸い込んだ。





注)
テープレコーダーがどうの、と言っているエジプト方言の客は
勿論エジプト人。
イラクに働きに行くようです。

この頃エジプトはアラブ諸国の中で村八分になっています。
それは大まかに言えば
第四次中東戦争後に結ばれた講和では
エジプトの領土ばっかりイスラエルから返してもらったりして、
尚且つエジプトがイスラエルを認めるスタンスを取るようになったから。
そんな訳でエジプトピンチ。

イラクはと言えば、イラン・イラク戦争が起こっていたけれど
アメリカを始めとした国際社会はイラクを支持していたから、
戦争をしながらも援助金で農業開発しちゃったりして。
でも人手が足りないから、ここにエジプト人の出稼ぎ者が流入。
エジプト人はここで外貨を稼ぐのです。

エジプトとイラクは国交を結んでいなかったから
バグダット空港はエジプト人に開かれていなかったけれど、
経済という点ではお互い非公式に旨みがあったってことですね。
イラクが発展したのはこの頃だそうです。




西ベイルート、東ベイルート。
ベイルート内戦は
大雑把に分けると
東側に住むキリスト教マロン派右派と
西側に住むイスラム教徒や左派の間の対立がモトになって起こったもので、

イコール、

東=キリスト教的≒資本主義勢力
西=左派≒共産主義勢力

という構図。大雑把な気もするけれど。
これを当時の冷戦体制と比べてみると…

おお! 逆じゃん!!

というわけです。




(1)でも述べましたが
作者のサナアッラーフは左派運動を展開してきたような人なので
「思わず『東』と言っちゃいそうになっちゃったよ」
というのは
彼なりのブラックジョークみたいですよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/324-946fbd9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。