上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お陰さまで無事に家に帰ってきたよ、のえりゃん(笑)
いや~、語科の友人って不思議です。
気が晴れた。
でもくにけん行けなかった。ぐすん。

という訳で改めて明るくTake 2(笑)。





留学します!
理由なんてもんは一杯ありすぎて、
大雑把に言ってしまえば
「今行かないと後悔する!」の一言に尽きますw

矛盾を押し付けられ制裁を受けているあの地区で暮らすことは
例えば
沖縄や横須賀で暮らすことや
身近に原発のある場所で暮らすこと、
チェルノブイリの汚染地区で暮らすこと、
北朝鮮で暮らすことに通じるものがあります。
日本じゃ見られない分からないことを一杯見るのだ!



Birzeit University(http://www.birzeit.edu/)は
ラーマッラーの近くにあります。
なんていっても分かんないですよねw

イスラエルの中のパレスチナ自治区は
ヨルダン川西岸地区とガザ地区の二つに分断されてる訳ですが、
大学のある「ビル・ゼイト」は西岸の方にあるちょっとした村です。

外国人対象のPAS(Palestine & Arabic Studies)というコースがあります。
アラビア語を学ぶコースと
英語でパレスチナを色々な角度から勉強するコースの二つがありまして、

どっちも受けたい。
アラビア語使えないと
人々のどうしようもなく人間くさいところとか見えにくいし、
同時にたとえアラビア語訛りでも英語を使いたいの。




応募の締め切りは7/31。
学期が始まるのは8/30。
だから私は関西のC1で議長やった後
すぐスーツケースに荷物詰めてイスラエルに飛びます。



よしめぐ~。
パレスチナ自治区に入るには
まずイスラエルに入らなくてはならなくて、
(3ヶ月未満ならビザ要らないよ)

バスで自治区との境の検問に行って
パスポートで身分を証明すれば大丈夫。ここではスタンプは押されない。
でも壁が出来てるから
特に北部の方だとなかなか自治区から出してくれないんだよね。

イスラエルナンバーのバスで来ちゃダメよっ。





という訳でイスラエルとパレスチナを案内されたい人は
早めに予約入れてね~(笑)。








そうそう、それで、問題は両親の説得です。



私はもう変えるつもりはないし、
パレスチナでなかったら留学する意味の95%を失ってしまう。
だから了承が得られようが得られなかろうが行くのです。


でも両親はやっぱり大事で、
いくら何を言っても心配はするでしょうけれど
応援してもらえたら最高だなぁ、と思うのです。


書類を全部揃えて、受け入れの可否が確認出来たら
そこで話そうと思います。

きっと前回旅行に出たときみたいに泣かれてしまうし
母はノイローゼになるでしょうから
今それを見たら私は少し迷ってしまうかも知れない。

それに自分で考えた末に決めた重要事項であることを認めて貰いたくて。




学生時代最後の我儘です。








さ~、勉強勉強っ。
最近は寝てるときと授業中以外、黙ってるときはずっと
留学のことを考えています。
何を見つけに行くのか、日々考えを更新中です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/327-8838578f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。