上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近気分のアップダウンが激しいです。
皆そうみたいなので、
まぁそんなこともあるさ~、きっと留学先でもあるに違いない、
と気楽に気ままに乗り切ってます。
今日は一限のヘブライ語受けたらやる気が回復↑↑
いやー、やっぱり語学マニアなんでしょうかね、私。


さて、今日の4限はエジプト人H先生とおしゃべりをして、
母の気持ちについてとか
友人についてとか
留学についてとか
五月病についてとか、
片言のアラビア語で話題を提示し
それに関連する単語を教えて貰いました。
会話楽しい。先生大好き。テンション上がるvv


その帰りです。


先生の研究室のある8階から2階に降りたら
エレベーターの前で
イケメンシリア人Hさんと遭遇。
(私は彼の笑顔にマジ癒されますw)




なみ:「マルハバ~♪♪」←相手がイケメンだから更に気分上昇w

H氏:「おぉ~、げんきぃ? キーフェク?」

なみ:「タマーム(元気)だよ~vv」



いやぁ、いつ会っても癒される!!!
ナイスガイ。
あの笑ったときの目が好きなんですよっていうかそこの人引かないで。
なみちゃんそんなにミーハーじゃないから。
とりあえず本人には内緒にしといて下さいw





というか彼は凄い人なんですよ。

シリア人なんですけどね、



彼女は日本人で、



その彼女はイスラエルに一年留学中。







はいここでマメ知識。

アラブ諸国の中でイスラエルの存在を認め
交流を持っているのは
エジプトとヨルダンだけ。
エジプトは第四次中東戦争の後のキャンプデービット合意(1978)で
ついでに平和条約を結んで、
ヨルダンは1994かな?に平和条約締結。





つまりはですね。
シリア人はイスラエルには行けないんです。
国交がないし、
政策として敵対しているから。





Hさんがもしイスラエルに行ったら
彼は祖国を亡くしてしまうのだ。





だから彼女とは本気で会えない訳ですね。
大使館で働いている彼女が戻ってこない限り。





だから以前こんな話をしました。



なみ:「だったら私が手紙届けてあげるよ、なみちゃん伝書鳩になる(笑)」

H:「そうね~、届けてよ(笑)」




だから今日も軽い気持ちで訊きました。




なみ:「私が届ける予定の手紙、書いてる~?(笑)」

そしたら彼はこう言う訳です。



Hさん:「いつも書いてるよ~vv








お見それしやした。


ていうかいつもって何ww
マンネリの中に身を置くなみちゃんには刺激が強すぎるんですけどww






彼女がイスラエルへの留学を決意した時、
彼はどんなことを思ったんでしょうか。
どんな思いで
いつも(はいはい、いつもですねw)手紙を書いているんでしょうか。

それを訊きたいのだけれど、
ばったり会っては笑い話ばかりして別れてしまうなみちゃんです。






あのカップルの間には
本気で「国境」とか「政治」とか
そういうものががっつり絡んでいる訳ですね。


私たちの場合は多分
「考え方の違い」とか「治安の認識」とか
そういうものかしら。







いや~、どうなるんでしょうね。なみちゃんのお付き合い。
まぁどうなってもおかしくないんで
気長にご報告をお待ちくださいw






そういえばここ2日来てません、メール。
あの~、昨日送ったメールのお返事は?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/374-2b937dbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。