上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なみちゃんが独善的に刀を振るう。
でも結局優柔不断で斬れない。
ちなみにうちはアサヒです。


●「首相辞任を」大統領書簡 東ティモール
●テポドン コメ支援中止示唆(韓国)
●イラン大統領にドイツ市民抗議 ホロコースト否定で
●小泉首相 来月、中東を歴訪


●「首相辞任を」大統領書簡 東ティモール

ゼミの教授が東ティモールでDDRを指揮した方なので、
東ティモールについてはちょくちょく聞いたりする。


「あいつ(アルカティリ首相)もなぁ、
 頭イイんだけど、なんかこう、好きになれなかったな」


みたいなことを彼は言いますが、


それを聞くにつけ
エリートのあり方について
改めて考えさせられます。
(いや、本題とはあんまり関係ないけどさ、
 何の問題にも共通してくるし)


平和構築委員会の対象からも外されてしまったね。



あの国は
警察が内務省=首相の管轄、
軍隊が大統領の管轄で、


PKOの事業の大部分が終了して撤退を始めた頃から
警察側が軍隊並みの武装をしたいと言い出したらしく、
実際装備を始めていて、

つまりは
首相と大統領の対立が
治安の悪化、国内の本格的な混乱に繋がりかねない。
お互いのメンツやテリトリー争いが
警察と軍隊の衝突に発展する危険性が高い。
事実、ディリでの暴動を受けて日本のNGOも撤退してしまったし。



う~む…

歯痒くはあるけれど
国連が総てを決めていく訳にはいかず、
現代の国際社会の手助けにも限界があって、


きっと世界中で色々な人たちが
よりよいサポートの仕方を考えているのだろうけど、

私なりに、無い頭で考えてみたい。







●テポドン コメ支援中止示唆(韓国)

韓国の対応、私は丁度いいと思う。

「ヌルイ!!」という人もいるかもしれないが、
圧力をかけりゃいいって問題じゃないのは
パレスチナの例からも明らかだ。


ハマースの当選を受けて
EUもアメリカもパレスチナへの支援を停止したでしょ。


EUはパレスチナ自治政府を通さない形で
援助を続けることを決定したけど、
並木はその方針反対。


自治政府の権威を落とすことで
パレスチナはもっとバラバラになる。
バラバラになった人々がどんな行動に走るか、なんて
ソマリアやらレバノン内戦やらの例からも明らかじゃない。


それで焦ってアッバースが強引な行動に出たじゃん。
国民投票とか言っちゃって、ハマース激怒じゃん。
それで議長府で発砲事件なんか起こしちゃってさ。
議長府は私が留学するところの隣町にあるからマジ恐怖だって。


頭を討てばいいって問題じゃない。
そのしょーもない「頭」を何とか巧みに操ってこそ
問題の自然な解決に繋がっていくのだ。



何かの方向性を変えたいと望むなら、
力や圧力に頼りすぎるべきではない



そういう点で戦前のイラクへの措置もどうかと思う。





ただ、
それを「理想的なことぬかしやがって」といわれたとき
提示すべき政策が
まだ私には見つからない。


アフリカなんかでは
「しょーもない頭」を何とか操ろうと各国奮闘してるらしいが
なかなか上手くいかないもんね。








●イラン大統領にドイツ市民抗議 ホロコースト否定で

アフマディーネジャードさんにも
私としちゃ開いた口が塞がらないけど、
(だってあなた、敵と同じことしてるでしょ、)


試合前に抗議運動かぁ…

まだはっきり言えないけど複雑な心境。

サッカーの試合前に抗議運動。

もし中国でWCが行われて、
日本対アンゴラとかの試合の前に
日本への抗議行動が行われたら
どうっすか。


なんつーか、興醒めというか。


じゃぁどうやって抗議すりゃいいのか?


書簡。
うーん、地味だ。だめかも。
そもそも目立つことに抗議運動の目的があるんだから。
うーん。








●小泉首相 来月、中東を歴訪

今は明らかに何も建設的なことは提言できまい。
余計なこと言わなければOK,みたいな。
(参考:中東和平総合ページ

でも大事なのは
繰り返していくことと、諦めないこと。

マドリード平和会議の環境会議議長だった日本は
結局成果を上げることは出来なかったし、

ノルウェーだって結局オスロ以降の継続性のイニシアチブは持たない。


小さな一歩でもいいから、時間をかけて下さい。











結論:

やっぱ中東しか語れないよorz
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/404-cde72f6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。