上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はダーツバーの
ラスト勤務…



の、ひとつ前。


ラストの日は、
普通にお客さんが来て
いつもみたく喋って
いつもみたくダーツして、
「じゃぁまたね」って終わるのだ。

別にドンペリとか出なくていいから、
別にCAT☆RAINで語り継がれることも望まないから、
軽く消えようと思います。




きっと、戻らない。




とても楽しい仕事でした。

でも心の中では分かっています。
私がこんな風に稼ぎたいとは思っていないことを。





お客さんの仕事の話を聞くたびに思う。
いつまでも甘いこと言っていてはいけないことを。











これまで当たり前のように続くと思ってきたものに、
一つ一つ区切りをつけていく。
改めて留学の重さに気づく。




当たり前の風景。
当たり前の仲間。
当たり前の家族。
当たり前の恋人。
当たり前の裕福さ。




そんなに神経質に楔を打たなくたって
なるようになるのは分かってる。


でも敢えて打とうと思う。
力まずに自然に打とうと思う。
何だかんだ言っても、
これから先はきっと一人の闘いになるから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/469-537ddd43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。