上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラマダーン・カリーム。
土曜日から断食月が始まりまして、
なみちゃんも断食中です。
いや、断食する予定です。


大学でパレスチナ人の女の子たちと駄弁ってたら
ラマダーンの話になりまして、
「私も断食するもん!!」と言ったら
「無理しなくていいのよ、トイレで食べなさい(笑)」
と笑われましたとさ。
うーん、それは美味しくないなぁ…



さてさて、サマータイムも終了し
日本との時差が7時間に広がったパレスチナで
なみちゃん元気に暮らしておりますが、
(ちなみに一ヶ月経った今でも
 何故かホームシックとは無縁)


少し悲しいことがありました。







何だかんだ言って仲良しだった
アシュラフ24歳パレスチナ男児(上階に棲息)、





木曜日、
トゥルカレムの実家に帰ってしまいました。
しかも突然。
もう戻ってこない。












水曜日の夜、
いつものように
うちのドアを闇雲に叩きまくったアシュラフ、
何だか様子がおかしい。
真面目な顔してるし。マジきもい。








なみ:「どったの?」





アシュラフ:「明日、ここから出てく」










!!!!!!













アシュラフ:「トゥルカレムの家族が戻って来いってさ」





なみ:「マジで?」






パレスチナ方言で「really?」は
「アンジャード?」です。





アシュラフ:「あぁマジで」














うーん、
それにしても突然すぎるじゃないか、
えぇ?











なみ:「お別れパーティーも出来ないじゃん。
    せめて延期はできないの?」





アシュラフ:「ラマダーンの前に家に着かなくちゃいけない」












そういうことはもっと早く言え!!













なみ:「まじかよ~、そりゃーちょっと怒っちゃうぞ」






アシュラフ:「あぁ、ナーヘル兄も怒ってる」






なみ:「……じゃ、休みの日にでも会いに行くから。」






アシュラフ:「トゥルカレムは遠いぞ」











トゥルカレムはラーマッラーの北西の大都市。
直線距離は遠くないんだけど、
何しろパレスチナにハイウェイなんて無いので
幾つもの村や町を経由して行かねばなりません。
6時間くらいかな。
しかも検問、たくさんあるんだよね……
まぁ片道半日は覚悟しなくてはならない感じ。
お泊まりコースですね。







なみ:「きっと行くよ、メールするし」




















そんな感じで別れた訳ですが、

















金曜日、舞い込んだニュース。
























アシュラフ、


























カルキリヤ(トゥルカレムの東の大都市)で、




















イスラエル兵に撃たれる!!!!!!
















凶報を持ってきたのはアシュラフの弟ウィサーム。








彼によれば、

アシュラフ、
左肩を打ち抜かれたんだそうな。
現在病院で療養中。








まじかよ。

あいつ、刺してもぴんぴんしてそうな性格なのに。











ちなみにアシュラフ、




カルキリヤで週3日間、
警察官として働いています。
パレスチナ警察ですよ。
かっくいー。




多分職業魂に火が点いちゃって
事件か何かに割って入ったのでしょう。
あーぁ。








まぁ
頭とか心臓に当たらなくて良かったね。。。。。










カルキリヤは遠くって
情勢も不安定で
見舞いにも行けやしない。













そんな感じで、





移住一ヶ月目にして
パレスチナの現状を身近に感じている
ヤーバーニーヤ(日本娘)なみちゃんでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/524-68f97e4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。