上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何故かうちのシャッカ(アパート)には
アラブ音楽用の太鼓がありまして、




今日パレスチナ人(アメリカ出身)のイヤドが遊びに来た時、
彼がその太鼓を引っ張り出してきて
叩き出しました。





例えばこんな感じ。

DumDumTaTaTa(-)

DumTaTa TaTaTaTa
……




この場合、
Dumは太鼓の中心、2拍分。
Taは太鼓の縁の部分、1拍分。
(-)は休止。
全16拍。
こうやって叩く場所を変えて音の違いを作るのですが、


更に指を動かしたり速さを変えたりして
豊富なリズムを創り出します。



いやーこのリズム聞くと
体が勝手に動き出して踊りたくなっちゃうから不思議。
ちなみにコレは多分結婚式用のリズムだな。











こんなリズムもあり。

DumDum(-)TaDum(-)Ta(-)



それぞれ1拍分、全8拍。
外大の音楽の授業で唯一覚えたリズムです。
新井先生ありがとう。愛してます。


エルサレムに出かけた時
土産物屋でタンバリンを見つけたので
ジャネッサがスカートを吟味している間
暇つぶしにこのリズムを叩いたら
店の兄ちゃん大喜びでいろいろ教えてくれました。


こうやって
タダの客―店員的関係を
ぶち壊すの、
大好きw








エルサレムのスークに来たら
まず店員にアラビア語で名前を聞くべし。
「マルハバ~。アナー イスミー ○○(名前)。シュースマック?」
の一言で態度変わりますぜ。







あー、ところで、
パレスチナを訪問がてら
なみちゃんに救援物資届けてくれる方、
随時募集中。
マジ、
みりんと白玉粉と小豆、
それから洗濯ネットと
丈夫そうなユニクロの長袖カットソーSサイズ(黒)
持ってきて下さい。
泊めてあげるから。
ラーマッラーとエルサレム案内するから。
あ、テル・アビブは嫌いなんで勝手に行って下さい。



こっちの洗濯機、まじ強力すぎて
服が早々に傷みそう。
洗うたびに毛羽立つんで焦ります。
ラーマッラーで服は売っているけれど、
中国製だし派手好きアラブ人仕様でケバいので
買う勇気がありません。








さて、
アラブ文化に着々と染まりつつあるなみちゃん、
次は念願のアラブ的笛「ナーイ」に挑戦するつもりです。
ラーマッラーに専門学校があるのだ~。
しかし年額700ドルだって。げぇ。





でも、

パレスチナ紙ニュースの翻訳は大学の先生のオフィスアワーで、
パレスチナ刺繍はお向かいのサミーラおばちゃん、
ベリーダンスやダブカはおばちゃんの娘ダラール(19)とアリージュ(10)、
太鼓はイヤドに習うことにして、






これくらいお金かけてもいいじゃないか!
7、8万円なんて日本に帰って稼ぐもん!
山パンで一週間夜勤を続けりゃいいのだ。
スーパーで一週間試食販売すりゃいいのだ。
マジ死ぬほど辛いけど。










それから、

ここには一杯専門書があって幸せです。
エルサレムの「educational bookstore」に行くと
分離壁、イスラーム急進派、人権、ガッザ……
読みたい本ばかり並んでいます。
涎出そう。だらーり。




日本じゃ手に入らない。
多分国会図書館にも無い。
そんな訳で3000円くらいの本を
えいやっと買ってしまう私。
支払いは父口座直結のクレジットカードですけどね






日本はパレスチナから遠い!
パレスチナ学(?)も進んでない!!
今まで如何に狭い場所でリサーチをしていたか、
嫌と言うほど思い知りました。











パレスチナ問題は
壁だのハマースだの何だのかんだのと
細分化されて議論されてしまう傾向にありますが、



中心の問題を見失わないように、
それでいて細部を無視しないようにするには、



そしてこの問題にどう日本が関われるのかを考えるには、



どうやってリサーチしていったらいいのか
何から手をつけたらいいのか
本当に迷います。。。。。。。












あー、話ズレましたね。




まぁとりあえず何だ、






なみちゃん、
愉快な仲間と素敵な環境に恵まれて
元気一杯です。

以上。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/525-b467dd09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。