上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の口語の授業の文章が
めっさfunnyだったので転載。






夫:お帰り


妻:あら、ただいま


夫:今度は何買ったんだい?


妻:あぁもう、あんたはいつもそうやって
  人のあら探しをするのが好きね


夫:あぁ、お前の生徒だからね(お前から学んだんだよ)
  ことに重要なのは、必要なものは全部買えたかってことさ


妻:まぁ、大体ね


夫:えーと、有り金全部飛ばしてないだろうね?


妻:さあね


夫:俺のもの、何か買ったのか?


妻:何も買わなかったわよ!


夫:あぁ、神がお前のことに関して俺を助けてくれますように!
  (これは訳すのが難しい)




「何も!!」(Wala fi `ishi)って言い切る妻、強し。
いやー、どこの文化でも
やはり夫は妻の尻に敷かれるものです。
どんどん敷かれて下さい。大歓迎です。


それにしても
「お前の生徒だよ」って皮肉る言い回し、
ツボでした。








ちなみに最近よく使う言い回し↓



ビキャーフィー シェケレーン!!
bkyaafii shekeleen!!
(20シェケルで十分でしょ!!)


ラーズィム ィッティサイルニー ビッシエル
laazem -i- tsayirni bissi'er
(あんた、値下げすべきよ)


ベヘッブ ブファーソル クティール
bHibb bfaaSl ktiir
(私、値切るのが好きなの)



ミシュ「Can I help you?」、
マムヌーア ルガ イングリーズィー!!
コルニー「アイヤ ヒドゥメ」!!
mish "Can I help you"!!
mamnoo' lluga injureezee!!
qulnii "`yya xidme"!!!

(「Can I help you」じゃないでしょ、
 英語禁止!!
 アラビア語で接待しなさい!!)







カタカナで書くと音が変わっちゃうんですけど、
まぁ私が何をしているかは想像がつくことでしょうw


値段が固定され気味なラーマッラーより
エルサレムの市場で値切るのが好きです。
今はダマスカス門の近くの
イブラーヒムおじさんの店で売ってる
ラクダの皮のカバンを狙ってるんですけど、
100シェケル(3000円弱)だって!!!
私の考えでは
70シェケルで十分です。(2000円強)
頑張って55を狙いたいくらいです。


まぁ~通いつめて落とそう。
値切った上にお茶を一杯ご馳走になって帰るのが
アラブ式。
なみちゃん頑張る!!!
(勉強しろよ)





10月に入り、
夜はとても冷え込むようになってきました。
そろそろ上着も狙いたい。
服屋にも顔を出しておこうかな。






喋る言葉によって性格って変わりませんか。
私は
日本語を喋ると変人で隙だらけ、
英語を喋るときはeasy-goingな癖に真面目でマイペース、
アラビア語を喋るときは
お子様で強引で茶目っ気たっぷりじゃじゃ馬です。
(特に対男子・対店員戦の場合)


多分これは語彙に関係しているのでしょう。
英語だと語彙が偏ってるから難しく考えちゃう。
アラビア語だと逆にまだ難しく考えられなくて
何かあると「leeesh!!!!」(何でよーー!!)って問い詰めてばかり。
まぁ~実際見た目お子様だから別に構やしないんですが。
それにアラブ文化の中では逞しくないとやってけないし。








ところで、
もしかすると、
来学期はエルサレムに住むかもしれません。
ジャネッサとサメットがエルサレムで働くらしいし
ヘンリックとなみちゃんはエルサレムがとても好きなので
4人で部屋をシェアして暮らす計画が持ち上がっています。
だとしたら絶対楽しい!
バーノンもブライアンもエルサレムに住んでるから、
ステキ仲間大集合です。








まぁ、学校行くために分離壁越えないといけないんだけどね。





私も働きたい!!!!
一年滞在の許可が下りる労働ビザが欲しい!!!
でもこんな中途半端な英語力のヤーバーニーヤ、
誰が雇ってくれるのでしょう。
JICAのテルアビブ事務所?
テルアビブの日本大使館?
遠すぎる。

とりあえずボランティアから始めようかしら。
今オファーを受けているのは
難民キャンプで子供と遊ぶボランティアと
パレスチナ中東情報センターの翻訳と
検問ウォッチング。
勉強や卒論のリサーチ、音楽の専門学校と
両立出来るようにしなくちゃ。
どれにしよう。

まぁこんなボランティアしてることが
イスラエル当局にバレたら
入国拒否なんですけどね。
ビザどころじゃないわー。




今月中に一度ヨルダンに出て
3ヶ月の観光ビザを更新しなきゃ……
エジプトでもいいかも。
あぐりちゃん、泊めて。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/534-786766de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。