上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、
私、遅刻魔なんですよね。
まぁ電車の遅延の場合が結構多いんだけど、
気分乗らないとすぐ遅れたりするし、
本とか読んでると時間逃しちゃうし、
ついでに電車まで乗り過ごすお馬鹿さんな訳ですが、


ここパレスチナでは、
やっぱり遅刻魔。





しっかし理由が変わりました。






「道で友達に会って話し込みました」。












これが何だか正当な理由として受け止められてしまうほど、
ここパレスチナのコミュニティパワーは
強いのです。






初めて会ったらとりあえず握手。
次に会ったら名前を呼んで近況報告が当たり前。





そんなもんだから、
このビルゼイト村では
お互いがお互いのことを知ってる。
噂話もすぐ回る。
昔の日本の村社会と同じようなもんです。





だからこそ情報管理に気をつけなくちゃいけないんだけどね。
イスラエルのス●イが必ず居るし







そういう訳で、
一歩家の外に出ると
必ず「マイ!!」と呼ばれ、
人がわらわら集まってきて(特に子供ら)
近況報告をし合うのがマナーなのですわ。





そんなことしてるから
ホント遅刻するの。
大学に着いてからはもっと大変。
知り合いの数が多くなるし、
知り合いの知り合いに遭遇したりして
紹介とかされちゃうんだから。
講義棟までの道のりで
5人新しい友達が出来る、とか当たり前ね。













あ、まだあるよ、遅刻の理由。







「セルビス(乗り合いタクシー)が

 ありませんでした」。








セルビスは小型のバンくらいの大きさの車。
6~8人位の座席が付いてるミニバス。
(まぁ10人くらい詰め込まれる訳だけれども。)

家を出たらメイン通りまで歩いていって、
流しのタクシーを拾う感じでセルビスを拾い
大学に行くのですが、

タクシーとセルビスの違いと言えば
「路線が決まっている」こと。
通る道が必ず決まっているのですわ。

そして時間は決まっていないのです。
ムラがあります。
昨日は広場に着いた途端一気に三台来たのに
今日は15分待っても来ねぇぜちくしょう、みたいな。






で、極めつけ。







「羊が交通の邪魔をして…」


















いや、マジだから。












今日はお昼ごろセルビスに乗り込んだら、
なかなか動かないし
周りのセルビスがクラクション超けたたましく鳴らしてるから、
窓の外を見下ろしたら、
眼下に広がるは、



道路を横切る40頭の羊の群れ。





車3台分の幅の道路に、
セルビス5台、羊40頭が行き交い、
隙間のない混雑具合でありました。

彼ら、道路の反対側にある草むらまで
草を食みに行くわけですね。
朝夕、一往復するので、
毎日2回はこの道路の混雑が繰り広げられる訳。





窓から身を乗り出して
そのまま羊の背中にダイブ出来そうでした。
キタナイからしないけど。














ま~そんな感じで、
のんびりしてます。
私もビール・ゼイト村の人々も羊も。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/571-c82fc8db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。