上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パレスチナの電気事情。



もともとはパレスチナの発電所があったのですが、
入植者にconficatedされてしまって、
今やイスラエルの手にあります。




そんな訳で、
パレスチナ人はイスラエルから電気を買わなくてはならないのです。









ここに着いた3ヶ月前、
大学の先生が
「電気代と水代は高いわよ、イスラエル側から買っているから」
と言ったのですが、





電気代について言えば

9月分:100シェケル(3000円弱)
10月分:95シェケル(2850円弱)


(ホントは1シェケル=24-27円くらいなんだけど、
 ナミキ算では30ということにしています)


だったので、
「何だ、そんな高く無いじゃん」
って思ってたんです。


まぁ、お向かいのアリージュの家では
月収入が3000シェケルくらいなので
痛いと言えば痛いのですけれども。








今日11月分を受け取りました。







結果:







233シェケル
 (7000円弱)















倍以上に跳ね上がりました。











私は一人暮らしだからそんなに使ってこなかったし
節約して
使わない電気器具のコンセントを抜きまくったりしてたから、
まだ良いんです。







でも普通の家なら、
今回のレートで言う300とか600シェケル分を
普通に使わざるを得ないのです。








お向かいの家なんかは
月収入の1/8くらいを電気代に取られてしまう訳。









来月の電気代が更に倍に跳ね上がったらどうします。
何の連絡もなしにレート変えられちゃうんだから。






占領ってこういうことなんだなぁ、と
ちまちまながら感じています。

とりあえず更に節約に励みつつ、

どこの発電所なのか突き止めてやりたい。
何で値上げしたのか訊ねまくってやりたい。
首洗って待ってなさい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/585-b973ff55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。