上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年、私が大学に入学したての頃、
日本人が3人、イラクで人質になって。



その中でも私と年齢が近い一人の男の子のブログを、
私は追いかけています。

「今井紀明のかけら」





毎回、荒らしのような物凄いコメントが付くんですけど、
前よりはちょっとマシになってきたかな。



で、さっきコメントの中に

「そもそも何でイラクなんだよ。

 まずアジアのことを考えろよ。
 チベット独立問題は、東トルキスタン独立問題は?」


ってのを見つけて、



「イラクもアジアだよv」と思いつつ、


いつだったか自分に向けられた

「何でパレスチナなの? 危ないじゃん」

っていう問いを思い出して、ヒヤっとした。









何だろう、
人には人の順序ってモンがあると私は信じているのです。




大きなサラダボウルがあるとして、
ニンジンだのレタスだのキュウリだのトマトだの
ピーマンだのスモークサーモンだの、
色々なものがぶちこまれたこの一皿をどこから味わうか、なんて、
別にどうだっていいじゃない。






私はトマトから食べる。
トマトにドレッシングかけるの好きじゃないから。w



でも、食べ始めてみたら、
もしかしたらドレッシングが激ウマで
トマトにかけてもいいかも、とか
思っちゃうかもしれないじゃん。

何か見たことない野菜が混じってて
「オイ大丈夫かコレ」とか思いつつも
試す気になったりするかもしれないじゃん。





大事なのは色々なものと衝突して
自分の感性を広げていくことで。

そのために日本の国内問題をすっ飛ばして紛争地に留学した私を
「軽率だ」と言うことは出来るかも知れないけれど、
「死んでしまえ」なんて誰が言えるの?
そんなことを言う人間にとっては、サラダは
レタスの芯の方から食べるのがいつだって正しいに違いないのだ。
それ以外は絶対に間違いなのだ。
別にあんたが芯から食べようがドレッシングかけなかろうが
何だっていいけどさ、
人がサラダを美味しく食べようとしているのを邪魔する権利は
あんたには無いよ。
私にだってそんな権利はないもん。


それでも
ど~~~しても芯から食べることを私に勧めたいなら、
まずどうしてあんたが芯から食べることを譲れないのか、
きちんと自身で見直してから説明して欲しいわけ。
そういう誠実さを見せて欲しいわけ。
そこから始めようよ。




そしてあんたにもちゃんと説明するよ。
私がどうしてトマトをドレッシング抜きで食べたいのか。
それを「そういう食い方もあるんだ」って受け止めてくれるなら。







もし日本の全ての人間がサラダをレタスの芯から食べ始めたら、
そんなにつまらないことは無いわけ。
そんな社会、すぐに潰れてしまうわけ。




だから私は人と違う視点を得る為に体を中東に放り込んだ自分を
大事に思ってるわけ。
ちゃんと体も心も持って帰ろうと思ってるわけ。
自分の為にも、家族や友人の為にも、社会の為にも、
それが一番良いと思ってる。






私は今までの22年間で
沢山の間違いをしたと思っているし、
高校時代なんかはそれが顕著で振り返る度に悶えちゃうし、
これからもいっぱい人に迷惑をかけるでしょうよ。




でも、そういう経験もひっくるめて全て、
私にとっては人生は宝物です。
人がいくら
「お前は間違っている」「お前が嫌いだ」「死ね」
と言ったとしても、
「あ、そ♪ でもなんで~?」と答えます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/632-1505021a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。