上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テル・アビブから帰ってきましたなみちゃんです。
一昨日の夜のことですが、



西岸を出るために
カランディア・チェックポイントへ行ったのです。



そこで金属探知ゲートをくぐって
荷物をX線検査機に通し、
パスポートを提示するのですが、







コートのポケットの中の携帯電話、
一旦出してX線検査機の上にでも置かないと、
金属探知ゲートをくぐれないんですよね。
ピーピー鳴っちゃうから。








んで、なみちゃんはいつものように
機械の上に携帯を置いたよ。




金属ゲートをくぐったよ。




機械から吐き出される大荷物をかき集めて手に持って、
檻みたいな回転ドアを手で押して通り抜けたよ。




検問の外に出たよ。





バスを捕まえたよ。






席に座って、いざ出発。





うーん、今日は案外静かだったなぁ検問。
さてルームメイトに電話しよう……


………って、



のあぁっ?!?!?!!









「機械の上に携帯忘れちゃった!!!!
 下ろして!!!!!!!」


↑バスの中で思わず大声







という訳で検問に戻った。






検問は一方通行な造りになっているので、

もう一度別の金属回転ゲートを通って西岸側に入ってから、
もう一度チェックを受けることにして、
その時にX線検査機の上の携帯を回収しようと思ったのですが、




西岸側に入った後
検査室のドアに張り付いて
金属回転ゲートの向こう側で
今まさにチェックを受けようとしている人たちに
「マシーンの上に携帯置きっぱなしになってない?」
と聞いたら、





「シャバーブ(若者たち)が持ってったよ!」





とのこと。







ちょっと!!!!!

勝手に持っていかないでよ!!!!







「あぁ、どうしよう。。。。。」




と途方にくれていたら、
チェックを受けるために長蛇の列に並んでいた
最前の人たちが、
「早く行きなさい!」
と言う。





(・∀・)!!!!!




ヒゲのおっちゃん、ありがとう!!!
という訳で割り込んでwまたチェックを受け、
ダッシュで西岸を出ました。






ところがバス停に若者の影は見当たらず。
どうやらバスに乗って行ってしまったらしい。
持って行くなYO!!!!




そこで通りすがりのおっちゃんに頼んで、
私の番号に電話をかけてもらいました。





おっちゃんによれば、
私の電話を持っていった彼はバスを降りて
歩きで検問に戻ってきてくれるとのこと。




はー、まじ良かった。








その若者を待っている間、
検問での携帯事情についておっちゃんと世間話。





この検問所で携帯を無くすというのは
一日に何件も起こるらしいです。
私みたいに不注意な人が沢山居るんだね♪
と浮かれるところではなく、
まぁ1~2時間立たされて騒いで待った後に
消耗しきった頭で
身の回りの品を管理しきれないってことなんですけど。





そして、イスラエル兵に回収されてしまうと
なかなか戻ってこないんだそうな~。
台数が多すぎるからなんでしょうか。
なけなしの給料で買ってるんだけどな。


だからこそ先の若者も
わざわざ私の携帯を持って外に出てくれた訳なんですけど。




でもパレスチナ人の中でもやっぱり
返してくれる人と
そのまま売り飛ばす人も居るらしくてw
私は運が良かったんだなぁ。
ちゃんと帰って来いよシャバーブ。







なんて話をしていたら、

スラリと長身の
私と同い年くらいの男の子が
闇の中から現れて、

「えっ、カッコいいんだけどどうしようv」
なんて浮かれている私を尻目に
おっちゃんに携帯を渡し、
爽やかかつクールに去っていきました。








「せめてお名前を……!」

とか言えば良かったのかなw









あ、ガスは明日来るそうです。
テル・アビブに比べてココはさぶいよー。
ガクガクブルブル((((((°д°|||))))))
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/642-cbf2a592
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。