上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乙女の憧れ・結婚式。
ん、私?
おいしいものが食えればいいやぁ~(食い気)


今日は羊肉のミンチを買出しに行きました。
400gで18シェケル。500円くらいだね。あんまり安くない。
ついでに野菜を買い足したり何だかんだした後に
買い物袋を抱えて家の前の通りに戻ってきたら、
はす向かいのスーパーの店主・ムハンマドが

「マイ! マイ!! 急いでちょっと来いよ!!!」

と頻りに言う。





マイ:「どうしたのさ」


ムハンマド:「結婚式だよ!!!
       マイも一緒に踊りなよ!!!!」








えぇっ踊るだなんてそんないきなり言われても第一私今ジーンズにパーカーにスニーカーなんですけどそんなんで踊っても色気が無いというか何と言うか

↑心の声




マイ:「……(でも)行くw」






という訳で、急いで家に戻って
デジカメとインスタントカメラを装備し、
結婚式に飛び入り参加してきました。





urus1.jpg


新郎新婦と新郎の父上。





urus2.jpg


なんかもうごった煮になって踊る。
右下に黒いパーカーを着た日本娘が写ってますw








という訳で、

ザグラダ(パレスチナの女性がよく出すトリル音)を間近で聞き、
「おー」とか思いながらもごった煮に加わって私も踊り、
「中国人だ…」「中国人よ」「だ、誰か、通訳連れて来い!!!」と囁き合う客人に
「いや日本人だから。アラビア語喋るし。」と訂正して回り、
口語で喋りまくって彼らの度肝を抜きつつ楽しんで参りました。
でもつかれたー。






終わった後、客がすべて帰ってから
ホストの家でお茶。

何か周りがバタバタしてるなぁと思って
「どうしたの」って聞いたら、










ムハンマド:「客の一人が子供を忘れてった!!!!」








ちょwwwwwww
子供忘れないで下さいwwwwww







まぁ実際ムハンマドも18人兄弟だったりするから
ムハンマド父も名前を間違えたりする位で。
でもムハンマド母は流石に間違えないらしいです(笑)。






この家族にはすっかり馴染んでしまい、
彼らの喋る農民方言がすっかり私にも伝染。
ムハンマド父には「お前は俺の娘だ!」と宣言され、
今度ムハンマド母に民族衣装を着せられて一緒にパンを焼き
羊を追ったり羊のミルクでチーズを作ったりする予定です。
このまま牧歌的生活に幸せを見出しちゃったらどうしようww






ムハンマドのおばさんからは
「セカンド・インティファーダ前は
 イスラエル兵士がパレスチナ人の村の家に
 トイレを借りに来るのは日常茶飯事だったんだよ」
みたいな呑気な話を聞き、
一緒に甘ったるいお茶を飲み、
撮った写真を持って村に遊びに行く約束をしました。


今ではその村の間近に分離壁。












最後、新婦弟の写真を載っけて
パレスチナの初・結婚式参加レポートを締めたいと思います。













urus3.jpg


「マイ、今日うちで寝るんだよね?」
と頻りに言う新婦弟推定10歳。
頼むからお面を取って言って下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/644-879a8493
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。