上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は西エルサレムに行ってまいりました。






エルサレムっていうのは、

イスラエル側の西、
パレスチナ側の東に分かれていて、
まぁ大体の見所は東側にある訳です。


イスラエルは首都をエルサレムだと宣言し、
クネセット(国会)から省庁までを西エルサレムに置いております。
でも世界的には認められていないので、各国大使館はテル・アビブにある訳です。
へーへーへー。(古)



東エルサレムはパレスチナがその首都だと宣言した場所でもありますが、
現在省庁系は全てラーマッラーにあり、ラーマッラーが事実上の首都みたいなもんです。
ガザにも省庁あるんだけど。


そんでもって、
東エルサレムにパレスチナ人が入ることは困難を極めます。


何でって、

エルサレムは東と西に分けられてはいても
ベルリンのように壁や国境がくっきり決まってる訳ではなく、

事実上の境界線は東エルサレムよりずっとずっと西岸側に、
分離壁の出現によって出来上がってしまったから。
イスラエル政府の独断です。




変な国~。







さて、最近のなみちゃんは
「イスラエルを知ろう!キャンペーン」実施中なので、
昨日に引き続き今日もエルサレムへ出る訳ですよ。



今日は、
「西エルサレムを歩く!」
っていうのが自分のテーマ(笑)。




という訳でメイン通りのヤッフォストリートを
ジャネッサのお下がりのスニーカー履いて歩く歩く歩く。






んで、前から気になっていたシュック(市場)へ突入!


070115_1.jpg




なんかハンガリーで見たのと雰囲気似てる。






驚いたのは、その値段。
パレスチナでの値段とあんまり変わらないし!
イチゴ1kg12シェケル、とか。
お肉は特に、イスラエルのほうが安いくらい。
何ていうんだっけ、これ。あ、規模の経済だ。

それなのにパレスチナ人の給料は大体1/6だったりするんだから、(※注1)
どれだけパレスチナでの物価が高いかってのを思い知っちゃうね。。。。。








そしてなみちゃんは見た。










干しシイタケとキクラゲを!!!!




070115_2.jpg

乾物屋さん





筑前煮(もどき)が食べたい。
キクラゲの中華炒めが食べたい。




という一心でそれぞれ50gずつ買い求めてしまった。


50シェケル(並木算で1500円弱)したんですけど! 
痛っ!!!




でも幸せです。(笑)
甘辛く煮て食べるぞーv








更にもう一つ贅沢をしてしまいましたぜ。








何と、











SUSHI-Bar






に潜入しちゃったんだなこれが。




070115_3.jpg


スシ。45シェケル。あのー、一貫10シェケル(300円)…?






久々のお寿司は、









ネタが極薄でテイストが無く、


何かノリがヨーロッパの国旗みたいで、


酢飯はべちょっとしてて、


シャリに空気が入ってなかった……orz








けど、barの雰囲気は良さげでした。
働いている兄ちゃん姉ちゃんがカッコ可愛かったです。目の保養w
しっかし高いよ。










自分とイスラエルの関わり方、というのは
とても難しくて大きな問題です。




イスラエルの製品にお金を使うと、
そのお金のごく一部がやっぱり軍事費に流れるわけで。

お金の流れ方っていうのは日本でも同じことだから、
「イスラエルだからダメ!
 日本に居たら別にいい」

なんて言えるもんじゃないんだけど。
日常的に銃や軍服を見る環境に身を置いていると
やっぱり抵抗感が大きくなるのです。


だからココに来て暫くの間は、
イスラエル製品をボイコットしていました。
今だって、シオニズムと関わりを持つ企業からは何も買わないようにしてる。



ただ、
イスラエル製品を買わなければパレスチナ人の現状が良くなる、
なんて甘い話じゃないんだな。

それはユダヤ人とイスラエリ・アラブ、パレスチナ人の関係が
とても密接で切り離しきれないもので、
お互いにすごく大きな影響を与え合っているから。
(イスラエル側からの影響が「搾取」という形を取っていても。)


そして私は何処でだって買い物が好きだし、
買い物しながら人と話すのが好きだし、
それはイスラエルでもパレスチナでも同じことで。


だから、イスラエルに居るときは
素直にイスラエルのモノを買うようになりました。

拙いヘブライ語を喋って、
ナンパされたりオマケしてもらったりスマイル0円貰ったりして、
ほんの少しずつ
日本で理論漬けだった私が目の敵にして来た人たちへの気持ちを
ここで再構築しています。









そういえばニューイヤーパーティーの夜中、
イスラエルの大都市テル・アビブでパレスチナ人の友人と会いました。

お祭りだから、特別に西岸を出る許可がイスラエル政府から下りたんだとか。




「君たちパレスチナ人はイスラエルになんか来ないで
 パレスチナで新年を祝うべきなんじゃないの?」


と彼らにサメットは言いましたが、




ねぇサメット、

パレスチナとイスラエルの誰もが
好きなように好きなものを買って、
好きな時間を好きな場所で過ごすのを見ることが、
私のちょっとした大きな夢なんだけどな。










※注1:
ラーマッラーのレストランで働くと最低賃金目安が10時間で30シェケル、
イスラエルで働くと最低賃金が1時間20シェケル、という
パレスチナ人の友達マルワーンと
イスラエリ・アラブの友達ディーマの証言から計算。
現在1ドル=4.2シェケル程度。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/648-984327ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。