上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はショッピングモールに行ってきましたっ。



一昨日、ケータイに電話がかかってきたんです。
出てみたら、相手は男!



なみ:「アロー」


男:「アハレーン、マイ、元気?」


なみ:「元気だけど、誰?


男:「俺だよ俺、khaledだよ~」





خالد って誰?





なみ:「(ま、いっか、と思って)……元気?」


男:「あぁ、神に感謝だね! マイは?」


なみ:「あ、元気元気~」


男:「金曜日空いてる? お茶でも飲もうよ~」


なみ:「(ま、いっか、と思って)ちょっとなら……」


男:「じゃ、2時にラーマッラーね!」(ガチャッ)←切れた







……何か陽気な男だったなぁ。
誰だろう。
記憶を手繰っても日記をめくっても彼の名前は無い。
しかし彼は私の素性を知っている。。。。。







ま、いっか。密室は避けて、危なくなったら全力で逃げよう。



ハンガリー・オーストリア間の寝台列車で車掌に襲われたからにはきちんと学習して
密室はとことん避けるべきだと思う







という訳で今日、khaled君に会ってきたよ!








会ってみても
どこで会ったのやらさっぱり分からんかったけど。




しかし彼は親切にも
3年前にラーマッラーに出来たショッピングモールに連れてってくれ、
オープンなカフェで一緒にお茶を飲み、
警戒して
「一時間半しか暇が無いんだよね」
と嘘をつく私に無邪気に付き合ってくれましたとさ。


男にお茶に誘われるときの私の常套句







そんなショッピングモールはこんな感じだった。



moll.jpg



なんか光の加減で青いんだけど、キレイさはきっと伝わる…よね??




エスカレーターがあったので、
「日本で事故があって子どもが死んだことがあるんだよ」
「回転扉やエレベーターでもね」

っていう話を詳細に展開。







子供用のプレイグラウンド兼ゲーセンもあったぞ!

moll2.jpg




UFOキャッチャーもあったので、
「これって取れないように出来てるよねw」
っていう話で盛り上がりましたw






さて、
オープンなカフェに二人で席を取って、
改めてきちんと話をしてみた。





先ずは男と喋るときはいつも
「私日本に婚約者居て彼のこととっても愛してるの!
 あんたも妻居るよね! 子ども居るよね!
 彼ら愛してるよね! そうだよね!! 幸せもんだね!!!!」

っていう話をして
「我々の間にロマンスは存在しません。」
という暗黙の了解から始めるんですけど、




奥さんの話を振ったところ、
そのまま奥さんの話で盛り上がってしまった!(笑)






なみ:「奥さん、可愛い?(笑)」


ハーリド:「あぁ、いいやつだよ!」


なみ:「幸せものだね(笑)」


ハーリド:「でもあいつさぁ、いつでも連絡してくるんだよ……」



(というそばから電話が鳴る)



ハーリド:「アロー? あぁ、お前かぁ。
      何、昼飯? ちょっと待ってくれよ。
      今どこにいるのかって? モールだよモール。
      えっ、誰とって? 日本人の友達さ。
      もういいだろ。あと半時間で帰るよ。
      じゃぁな。あ? あー、愛してるよ」(ガチャッ)←切る






超うらやましいんだけど!!!!!!






ハーリド:「分かったろ、うちの奥さんだよ(笑)」


なみ:(爆笑)






結婚3年目で2人の子どもが居る夫婦としては
完璧じゃーありませんか(笑)。







更に彼は私に指一本触れなかったし、
話すときはまっすぐ目を見てくれるし、
車のドアは開けてくれるし、
その後も奥さんの話をしてのろけるしw、





久々に性別を気にしないで話せる相手でありました。







彼は毎日分離壁を越えてイスラエルで働いているし、
友人としてだけでなくリサーチ対象としても完璧です。






うーん、久々に良い出会いだった。
きっかけは忘れたけど、この偶然に感謝しなきゃ。










余談:






なみ:「ところでごめん、どこで会ったんだっけ?


ハーリド:「あー、僕もそれを聞きたかったんだよね」











………おい!!!!(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/658-998f80ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。