上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は大学まで45分歩きました。




家を出たときに、

「ぱぱーーーーーーー」





ってクラクションを鳴らされて、




「マイ!!!」




と呼ばれたので右を見てみれば、
おんぼろセダンの運転席に乗った知り合いの男。
自称、「ナーヘル(うちの二階の住人28歳親友♂)の親友」で、
確かに時々彼の家に出入りをしている顔。

(ちなみに名前は忘れた)






しかし彼、
以前ラビーウ(ナーヘルの兄)と2人でうちを訪れた後、
今度は一人で私の家を訪れ、
帰り際に私の腕を引っ張って抱き寄せようとし
「Can I kiss you?」と破廉恥な質問をぶつけてきた
キケンなやつなのだ!!!



その時は
「haraaaaaaaaaaam!!! eeeesh biddak!!」
(ダメよ!!! 何がしたいっていうの!!)
と言って超ビビッて抵抗した為、
「kharas.(おしまい) Sorry」
と答えて去っていった彼。


という訳で、謝ったわけだし、
根はいい人(だと思う、礼儀正しいし)なので、
「分かってもらえたか、ほっ」
と思って拒絶態勢は解除しておりました。









さて本日。




男(名前忘れた):「どこ行くの?」


なみ:「大学まで~」


男:「乗ってけよ! 村の中心まで送ってやるから!」






うーーーーーーーーん。





と考えた末、関係の改善が出来れば、と思い、
彼の車の助手席に乗りました。









車の中で近況報告をしながら村の中心に向かう間、気になったのは、




彼が何かと私の太ももをぱしっと叩くこと。

(さりげなく触りたいらしい)





やだこいつ!
やっぱりまだ分かってないし!!








と思ったので、しっかり言ってやることにしました。







なみ:「……あのねぇ、何でこんなことすんの?
    女の子の体に触るなんてハラーム(ダメなこと)よ」



すると男は「Oh, sorry」と謝りましたが、




次の瞬間、さらっとこう言い放った。



「Fish indkum haram」

(フィッシュ アインドゥクム ハラーム)




訳:君たちにはダメなことなんて無いだろ




















Eeeeeesh? (°Д°)

(何?)








アホか。

















なみ:「……あるわよ、外国にだって。勘違いしないで。」


男:「またそんなこと言って~ハハハ


なみ:「ちゃんとマナーを知らないのね、可哀相に、狂ってるわ」(本日辛口)


男:「俺、狂ってる? そうかそうかー(笑)」














そんなこんなで村の中心まで送ってもらって下ろしてもらい、
別れ際に更にこんなこと言われた。

















男:今夜、君を訪ねていい?
























なみ:「一昨日来やがれ」










とは流石に言いませんでしたが、
「パレスチナ人の女友達が遊びに来てるから」
と言ってさらりと避けました。
そういうと「あー、そりゃダメだ、じゃ明後日は?」と言うこの男は
やっぱりアラブとイスラームのしきたりを重んじて暮らしているのです。






「アラブの慣習は女性を大事にしてるんだよ」


って言うくらいなら、
パレスチナ人の女の子だけじゃなくて、
外国人の私も大事にしなさいこのドアホ。
何でもかんでも
最初からすっ飛ばして良いなんて思ってんじゃねぇよ!!!!
恥を知れ!!





次うちに押しかけてきたら、素直に
「あんた怖いよ、それ普通じゃないよ、まじドン引きだし」
とでも言って
ナーヘルと3人で話せるよう二階に連れて行きます。
そのカンチガイ、私が叩きなおしてやらぁっ。




こうやってカンチガイが直らないなら、
私の武器は「何でもかんでも喋る」こと。
そっちが私をこっちの女性と同じように大事にしないなら、
私だってあんたの威厳を大事にする慣習を破ってやるからっ。

でもそうすれば彼のメンツは丸潰れです。



















あぁ、パパさんママさん。
あなた達は治安の心配をものすごくしているのだろうけど、
実際問題私が一番苦しんでるのは
男性問題
です。
私、いつになるか分からないけど、
ていうかきっと晩婚だけど、
万が一結婚するなら日本の交際感覚が分かる人にするよ。。。。




ここに来る前は比較男性学なんか手を付けようかと思っていたけれど、
今のところ実地調査で集めたサンプルはダメ男ばかりです。
あと8ヶ月、私の王子様は現れるのか?!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/667-cc6c886c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。