上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京外国語大学における私の卒論担当教官は
I勢崎教授という方で、


何か経歴を見るとものすごい猛者みたいな感じですが、
実態はお酒が好きな呑気なおじさまです。






そんな彼と久々にスカイプでチャットをしたら、





なみ:ご無沙汰しています、並木です


先生:げんき?


なみ:元気です!










先生:今どこ?












先生、それ素ですか?(泣)








なみ:パレスチナの自宅です。 

(↑どこだと思ってるんだろう、と思いつつ)




そういえば中東欧旅行の後は
さっぱり連絡していなかったような気がする。
先生、私ちゃんと帰ってきましたよ、パレスチナに。






そのうち新学期のカリキュラムがどうだ、
ゼミのメンバーがどうだという話になったあと、
彼がぽつりと一言。








先生:早く帰っておいで。








えぇっ。
先生、それどういう意味です???(笑)









留学生活はあときっかり6ヶ月。
7月からはイスラエルで勉強です。
環境はがらりと変わって、また新しいことも見えてくるでしょう。



東ティモールやシェラレオネに渡り、
NGOやPKOをベースに活動してきた彼の後を追って
私も同じことをしようと思っては居ません。

あと1年半、出来たらそれからあともう2年、
彼のビジョンから多くを学びたいと思っては居ますが、
フィールドを同じくする気はありません。

私は私で、
自分の経験と信念を生かして拓ける何かがあると
信じて疑わないからです。





日本に帰ったらまた、三鷹の韓国料理屋さんで
マッコルリでも飲みながら有意義な留学の報告が出来るよう、
世界中を飛び回った先生と肩を並べても
臆せず堂々としていられるよう、




私にお金を貸してくれて
毎日毎日私の無事を願いながらも
最大限のワガママを許してくれている両親のためにも、


今ここで得られるものや失うものを最大限に意識しながら
自分が自分の周りをよくよく見渡して
「出来る」「やりたい」と思ったことを
納得するまでやることができるよう、
(これこそが親孝行だ! と思う・笑)









先生、まだ私は帰れません(笑)。
現時点で予算をオーバーしてしまっていても、
課題とプレゼンまみれで死にそうでも、
10月頭までは帰りません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/717-83de82af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。