上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日付をもって愛するわが妹みおさんが21歳となりました。
めでたいたい!!!(何)
直筆手紙は届かないけどメールと電波を送るよ!!!!!


それにしても21歳かぁ~。
もう立派にオネエではないか。華だ。
ていうか人生経験のフィールドが違いすぎて
妹というより親友でありますがwwwwww
呼び合うときも「さん」付けだし。パパさんママさんみおさんですよ。
帰国したら姉妹でバーでも行ってカッコよく飲むぞ!!!!
よーしお姉ちゃん翻訳の仕事頑張っちゃうぞ!!(今更)



さてここパレスチナに限らずアラブでは、

2人兄弟/姉妹なんてまじ有り得ません。





ホントに有り得ません。





というのは、アラブでは


子だくさん



が基本だからです。
今まで見た中で一番少なかったのは3人(姉兄弟)かなぁ。
ラムズィんちですけど。
平均5、6人?



多いときには24人とかwwwwwww
ちょwwwww お母さん頑張りすぎwwwwww




と思ったら一夫二妻でした。


ん? それでも多くないか????








ちなみにこの一夫二妻家、
日本の感覚では「そんな、妻二人だなんて……」
と後ろめたいような泥沼合戦が繰り広げられるような
そんな感覚がありますが、

双方の子供達が
お互いに遊びに行ったり家事手伝ったり泊まったりして、
なんだか意外に楽しげでした。
彼らもフツーに腹違いの兄弟を
「これうちの妹」「これお兄ちゃん」って紹介してたし。








そもそもアラブでは、
子どもが生まれて初めてお父さんお母さんが
社会的に本当に価値ある名前を得ることが出来ます。




ムハンマドという男性が居たとして、
ファーティマという女性が居たとして、

この二人が結婚して「長男」が生まれたとき、
彼らの社会的な呼称が変わるのです。
すなわち、ムハンマドとかファーティマとかの名前ではなく、
「○○の父」「○○の母」と呼ばれるようになります。





それは彼らが何か大事な義務を果たしたかのような、
尊敬の念を含めた呼び名です。

ちなみに長男が生まれない場合は長女で代用します。
という訳でうちのパパさんは「アブー・マイ」であります。w






まぁそんな感じで、
子どもを生むというのは一種の義務みたいなもので、
子どもを沢山生むというのも一種の繁栄の象徴であります。






だからこそいつも、毎日のように誰かに聞かれます。



「何人兄弟?」という質問。





「うちの家族は娘2人だけだよ」



と言うと、本当に不思議がられます。




「娘だけ???? 兄弟居ないの?!?!」




中には某隣国の一人っ子政策を日本の政策だと思っている人も多く、
「知ってるよ!」と言わんばかりに

「法律で2人以上の子どもを禁じてるんでしょ!!」

と言ってくれますが、






「違うよ。」






と全身全力の力で否定しています。
何故か知らないけど、
アラブの人って生半可な知識で知ったかぶる人が本当に多い(笑)。
言語に関してもそう。
「フランス語喋るよ」というくせに実は喋れないwwww







何故子どもが少ないのか、と問われると、




教育費が多く掛かるとか、
そんなに多くの子どもの面倒を見られないとか、
まぁ先進国にありがちな状況なんだとか、

そういう風に答えていますが、
彼らにとってはまだ納得がいかないようです。




そうだね、
子どもが一杯いてこそ賑やかで楽しくなる家庭を
当たり前だと思っている彼らにとって、
娘2人なんて家はちょっと不思議なのでしょう。








子どもを一杯生むのも子どもが少ないのも、
一長一短です。






ココの場合、

「子どもは多ければ多いほど良い」
という社会的な常識が存在している結果、


お母さんが子どもの面倒を見切れず、
子どもの落下事故が多発しています。
脳外科手術の急患で運び込まれるのはこういった子どもが多いとか。

多すぎる子どもが騒ぐとき、叩いて黙らせるお母さんも多いし、
子どものメンタル面の問題に気づいてやれない親も多いです。






JICAが「家族計画」なるものを浸透させようと
ジェリコで母子手帳を配っていますが、
さてさて成功するか??????









ところで私としては一応将来誰かのお嫁さんになる気はあるので、
子どもを生んで母になるのも悪くないなぁと思います。


目標は3人です(笑)。
これにはきちんと理由があって、



そもそもナミキ家の家訓は「働かざるもの食うべからず」であるため
娘たちも家事を手伝わなければならない訳ですが、


食事の後の食器の片づけが役割分担されており、
「洗う」「拭く」「しまう」
の3つを2人娘でどう分けるのか、
よく揉めていたわけです(笑)。
いつも「3人兄弟だったらなぁ~」と思っていました。
私の子どもに同じ思いはさせません。
(手伝いはさせるのねw)





私の場合恐らく家訓に据えるのは
「広い世界を見ろ、そして自分で決めるべし」
という感じになるので、


まぁ3人それぞれが望めば
一人ずつ世界の好きなところに飛ばしてやるのも
面白いかなぁと思います。
そもそも私が中東畑なので怖いものなしですw
南米とか旧ソ連とかアフリカなんてどう???(勝手に決めんな)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/775-15fbc1a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。