上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和系な批判屋パレスチナ頑固親父と交渉が決裂し、
一人でちびっと泣きましたなみちゃんです。
これほど自分が正しいと主張しまくる人、
交渉が出来ない人をパレスチナで初めて見た。。。。。。


あ、エジプトだと普通です。(断言)





さてさて、
エルサレムのホテルの部屋とビールゼイトの自宅を行き来し
小物をちまちま運んでいた私ですが、






昨日18日、
ビールゼイトの自宅にいきなり同居人が現れました。












アメリカ人のお兄ちゃん。









しかも4人








しかもしかもアラビア語を喋る









ビールゼイトを案内しながら、
アラビア語を教えたりして
非常に楽しい同居生活です。



近所の男たちには
「そんな、男4人と共同生活して大丈夫なのかマイ!!!」
「何かあったら助けにいくから電話しろ!!!!」

などと言われていますが、





全く問題ありませんw
ラムズィは最初は不満そうでしたが、
実際にアラビア語を喋るアメリカ人ズに会ってみたら
楽しそうに話しておりました。








実は22~24日はアンマンで国際会議があり、
ヨルダンへ行かなくてはなりません。






帰ってくるのは25日。
大学が始まるのは26日。
という訳で、引越しをヨルダン行きの前に
完全に済ませてしまわねばならず、



本日、やっと完了いたしました。
アルハムドリッラー。





9ヶ月も住んだこの家。
またすぐに帰ってきてしまうような気さえして、
何だか不思議な気分です。






アメリカ人の兄ちゃん4人と共同生活するのも
なかなかに面白そうなんだけど、
ここは残念でしたということで、
素直に引越しです。








はぁ。
何だか先の親父の強情さへの衝撃の大きさのせいで
西岸を離れるにも関わらず情緒も何も感じませんが、







とりあえず明日からこのブログ、
「女子大生なみちゃんのエルサレム通信。」
に改名です(笑)。
さ、甘いものでも食べて頑張ろうなみちゃん!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/791-92b98f61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。