上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか私、限界の先まで跳ばされそうな気がします。




ヘブライ大学で始まったSummer Instituteコースですが、

スケジュールはこんな感じ。


9:30-12:00 The emergence of the modern states of Israel

12:00-15:30 図書館で必死で復習

15:30-17:00 The political communication in Israel







朝は余裕を持って8:30に家を出て、
自転車こぎこぎ。
顔なじみのスーパーマーケットに寄ってお喋りをした後、
急な登り坂は自転車を押しながら頑張る私。
でも自転車はやっぱり楽しい!




午前中の授業はイギリス出身の先生。
イギリス訛りでの初めての本格的な授業ですので、
時々単語が分からなくなります。

そして課題の量が半端無いの。
週に1度レポートあるし。予習も復習も必要……


でも先生が大好きだから頑張る、
そんな授業です。







お昼を食べてから図書館にこもり、
その後は15:30からの授業へ。





この授業はバリバリのアメリカ訛り。
私は英語に関して言えばアメリカ訛りを勉強してきたつもりでしたが、
何だか甘かったみたい。
強いアクセントに隠れて時々色々聞き取れません。



この授業ではイスラエルとパレスチナの新聞を読み比べます。
学生達が協力し合って翻訳し、比べていくのですが、



アラビア語を介するのが
生徒10人の中で22歳の日本人女子大生1名のみときた。

ねぇ、私誰と協力すればいいの???orz









しかし先生方によく聞かれるのは、








「イギリス出身?」















いえ、東京ですけど何か。










自分の英語がイギリス訛り入ってるなんて、
初めて知りました。
BBCで勉強してるのがいけなかったのか????
まぁいいけど……。









という感じで始まった私の目まぐるしい日々。
何か課題の多さに首くくりたくなるような気もしなくもないですが、
越えてしまえばなんでもない!
頑張れ自分。ここでやらなきゃ女がすたる。(何だそれ)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/796-4219c051
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。