上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は日本大使館へ行ってきました~。


ベツレヘム在住の友人のビザ申請に行ったんですけど、
大使館はエルサレムから車で一時間の
大都市テルアビブにございまして、


このテルアビブはイスラエルの空の玄関でありつつも、
かなり世俗的な雰囲気漂う都会であります。
ノンコシェル(ユダヤ教で食べてはいけないもの)も売ってるもんね。
タコとか豚とか。






そんなテルアビブに行くたびになみちゃんが食べてしまうモノは、








シャーベットアイス!!!




たまには可愛くピンクにしてみた




主にテルアビブのセントラルバスステーションで
よく売っています。
街中にもありますけど。
何でかエルサレムでは見かけないんだよなぁ……





telaviv0707.jpg


このフローズンフルーツやチョコ、クッキーなんかを
好きなように選んで、
機械に詰めて細かくクラッシュ。
すると…


telaviv07072.jpg


こんなアイスが出来上がるのだ!!!




なみちゃんのお気に入りはベリー系ミックスなので、
アイスの色はいつもこんな感じ。



アプリコットとかパッションフルーツとかスイカとかデーツとか、
とにかく色々なバリエーションがございます。
テルアビブのバス中央駅へお寄りの際は是非どうぞ。
写真の小さいサイズで12シェケルです。








さて、
仕事を終えた自分へのご褒美に写真のアイスを手に入れたなみちゃん、
帰りのシェルート(乗合タクシー)に乗るために
うきうき中央駅のフロアを歩いていたのですが、








突然前方に3人の若者登場。







しかも囲まれる。










えぇっ何これ。
ショッカーじゃあるまいし……
ドッキリか?????







と呆気に取られていたなみちゃんに、
ショッカーAがいきなり更に詰め寄った!!!!!






ショッカーA:「●ζ¨ΩΨ!!!!!!」









いや、ヘブライ語分かりません。(°А°)







なみ:「ごめん、まだ君たちの言語わかんない。」(以降英語)



ショッカーA:「彼が言いたいことがあるんだって」
       (ショッカーBを指差す)






最初からBが話せばいいのに。
さてはスネオとジャイアンかお前ら。







なみ:「あ、こんちは、どうぞ」



坊主頭のリーダー格ショッカーB:「どこ出身?」



なみ:「さぁ、どこだと思うの?」



ショッカーB:アメリカ。←自信満々








……何で最近やたら
「イギリス」とか「アメリカ」とか言われる羽目になるんだろう。
見た目こんなにアジア人なのに。謎だ。
アジア系移民の存在が注目されているのか????







なみ:「違う。」(ずばっ)



B:「じゃぁコリア」



なみ:「日本です。」



B:「そんなの大した問題じゃないんだ。」









じゃぁ聞くなYO!!!! 凸(°Α°#)





と心の中で突っ込んでいたナミキの手をいきなり掴み、
ショッカーBは突然言い放った!







B:「君はキレイだ! 是非ガールフレンドになってくれないか?











(°△°)








いやー、
今まで幾度と無くアラブ人に「愛してる」と囁かれ、
検問でイスラエル兵にナンパされておりましたが、
こんなアプローチは初めてであります。






「いや、彼氏居るから。」(居ないようなもんだけど)
「そんなの気にしない!!!」
「いや、実際無理だから。」
「今夜空いてる?」
「いや、これから西岸で仕事だし。」
「そんなの放っておけ!」
「いや、ホント無理だから。悪いけど。」


と押し問答の末に丁重にお断りしました。
ふーやれやれ。



それにしてもショッカーC、結局一言も口利かなかったなぁ。
さてはあいつ、のび太だな。(違う)








なんかイスラエル人の男は堂々と遠慮なく誘ってくるんですよねー。
強引だし。

特に日本人女性は価値が高いらしい今日この頃
イスラエルを旅行する女性の皆さんは十分お気をつけて下さいね~。




telaviv07073.jpg

セントラル・バス・ステーションでの一コマ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/801-2d53725d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。