上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日毎日せっせと私が通う
Rothberg International Schoolの2階には、




ちょっとした小さいカフェテリアがございます。






breakの間に
眠気覚ましを求める学生でごった返すこのカフェテリアには、

推定50代後半と思われるおじーちゃんが
secutiryの制服に身を包んで
フロアに目を光らせ(るフリを見せつつ)座っています。






イスラエルはどこもかしこもセキュリティチェックばかり。
大学の近くのスーパーでも昔爆発事件があったらしく、
お店系はもちろんのこと、
大学に入るゲートでも身分証明と荷物検査は義務であります。




でもこのセキュリティおじーちゃん、
いっつも席に座ってはとろとろした目でフロアを眺め、
たまにアイスの販売ボックスを漁ったり
店員に野次を飛ばしたり。





そんな暇なおじーちゃんなものだから、






ある日、目覚ましのコーヒーを買いに
へろへろと2階へ降りたなみちゃん、
ばっちり彼に捕まってしまったのでした。

自分で言うのも何だけどナミキ、
隙だらけな上に年配にモテますからwwwwww






じい:「shalom! manishma?」(ヘブライ語)







さぁ困った。
先ず怠け者なみちゃん、
挨拶の「シャローム」は分かっても「まにしま」が何か分からない。






そこでつい癖でポロッと言ってしまった。





なみ:「eeeesh?」(アラビア語「何?」)








あんた、
せっかくイスラエル人と話す機会があるのに
アラビア語で返さなくてもいいだろう、アホめ。
いい加減この癖直さなきゃ……

と自分で気まずく思った一瞬でしたが、
次の瞬間、






じい:「ma?! tahki arabi?!」
   (ヘブライ語/アラビア語「何、アラビア語しゃべるの?!」)








何だ、アラビア語喋るやんけ。







英語を喋らないこのおじいちゃん、
共通言語を見出して超ハッスル。
なみちゃんの隣に陣取って超喋り始める。
じーちゃん、仕事はどこいった。







じい:「お嬢ちゃん、どこで覚えたのアラビア語??」



なみ:「え、西岸で暮らしてて……」



じい:「西岸! 危険だろう、あそこは!!
     首をちょん切られちまうぞ!」









そこまで言うか!!!!(笑)
イラクじゃあるまいし。









なみ:「軍隊の制服着て入らなければ大丈夫だと思うよ……」



じい:「そうは言ったってねぇ」



なみ:「おじいちゃんは何処でアラビア語覚えたの?」



じい:「俺はここの生まれなんだよ。
    50年もアラブ人と一緒に働いたりしてりゃ、
    アラビア語だって覚えるさ」






そういえば
西岸やガザに住んでるアラブ人と
エルサレムに住んでイスラエル市民権を持つアラブ人、
どっちだって自分は「パレスチナ人だ」と名乗るのに、
イスラエルの人は何を根拠にアラブ人を分けてるのかしら??







そしてその後もおじいちゃんはひたすら嬉しそうに、


「俺の仕事はな、2時半で終わりなんだよ」
「実は結婚してないんだよね」
「タバコは吸わないよ!」
「良いお店知ってるんだけど」



などなどと自己アピールをしてくれました。
おじいちゃん、元気だね……







このカフェテリアで私が買うのはいつも、
6シェケルのカフェ・ラテ。






おじいちゃんとデートに出かける気は今のところありませんがw、




アラビア語で喋ってくれる彼を見ていると、
「もうちょっと身を入れてヘブライ語始めないとなぁ……」
としみじみ思わされるナミキであります。





という訳で、
持ち歩きリュックの中にヘブ英辞書とテキストが加わりました。
毎日ちまちま頑張ります。
日本に帰る前には戦争体験とか聞けたらいいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/814-2f424190
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。