上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全体的に睡眠不足、かつ一週間お腹を下し続けていて
根性で活動しております、なみちゃんです。


今までファイサルホステルというところに住んでいたのですが、





日曜日の夜、突然、


オーナーが変わった。








新しいオーナーも私の友達なのだけれど、
彼、


今までマイペースにジャーナリストや活動家の巣窟になっていたファイサルを
抜本的に改革するおつもりなのだとか。
ツアーを組み、
PCの数を増やし、
サロンに有料水タバコを設置し……

観光でがっつり稼ぐ体勢。






そうすると、今までのマネージャーのヒシャームは
この新しい理念と体質が合わず、
新しいマネージャーと挿げ替えられることになり、






新しいマネージャーと4年連れ添ってきた世話人ムハンマド18歳も
「残って働いていい」と言われたものの
「ヒシャームについていく」と出て行ってしまいました。








どこに?








隣のホステル。





そこで、ヒシャームとムハンマドを慕っていたほとんどの宿泊客は
隣のホステルに総引越し。









皆が出て行ったからっぽのファイサルに取り残され、
ぼーっとしながら考えてみた。


私、なんでファイサルに来たんだっけ。






洗濯機は無いし、
トイレは共用だし、






安い、きれいに掃除されているとは言え、
何でホステルを選んだんだっけ?




と考えてみると、







やっぱり、ヒシャームやムハンマド、
彼らを慕う人たちが作り上げるオープンな雰囲気が
一番好きだったんだよなぁ。
ほかのホステルになんか、住む気はなかったもの。







と気づいた瞬間に、


「決めた。引っ越す。」



と決意して、となりのあぐりちゃんを驚かせました。
あぐりちゃんごめん……









決心したのは夕方5時半。
それからちょっとミーティングや道先案内業をこなし、



12時にファイサルに帰ってきて、
2時間で荷造りをして、



夜中の3時にお引越し完了。







夜中に新居のドアを叩いた私を
ムハンマドは「ようこそ」と迎えてくれ、






あぁ、やっぱココだよなぁ。






と思ったなみちゃんでありました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/836-6cc145ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。