上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も大使館行ってきました。
最近消費カロリーが摂取カロリーより明らかに多いというか、
忙しくて野菜が食えません。辛うじて歩きながらリンゴは摂取。
たまに指先がぷるぷるします。
牛乳と少量のお菓子しか食べない偏食っ子の元彼ラムズィが
いつもぷるぷるしてたのは
こういうことだったのかぁ、
と今更ながら納得しているなみちゃんですこんにちは。
栄養って大事ですね。




さて、テルアビブからエルサレムに帰るために
シェルート(乗合タクシー)乗り場へ向かった並木ですが、
そこでなみちゃんを待ち構えていたのは
オレンジ色のポロシャツを着た、
イスラエル人のビール腹のおじちゃん。






「leyerushalaim」(エルサレムまで)と言ったら、





「today, it's 30 shekel!」(今日は30シェケルだよ!)とのたまう。











ちょっと待て。



いつも20シェケルでしょ?(約300円弱の差)











なみ:「lama?」(なんで?)



おやじ:「shabat, shabat」(安息日だから)










いや、
シャバットだって何だっていつも20払ってるから。










なみ:「lo sabaaba」(それはクールじゃないね)



おやじ:「then, 25, OK?」(じゃぁ25でどう?)



なみ:「looooooooo」(やだ)









という押し問答が続いた後、
ついにおやじはこうのたまった。












おやじ:「OK, you special price.
     give me one kiss, and 20shekel.」

    (じゃぁ君は特別料金で。キス一回で20シェケルにするよ。)




















いっぺん死んで来い。










大体私のキスは5シェケル(150円弱)なのか????











なみ:「死ねば」(ぼそっ)←日本語



おやじ:「what???」



なみ:「20! 20!!!!!!」



おやじ:「give me one kiss!!!!!」











と揉めていたら、
見かねたそのへんの兄ちゃんが
「あっちに別のシェルートあるよ」と仲裁に入ってくれて、



他のおじさんが運転するシェルートで20シェケル払い、
無事キス無しでエルサレムに着くことが出来ました。
(本来はこれが当たり前だ)










おいこらおやじ、ナメてんじゃねぇぞゴルァっ。
1ヶ月乗車無料券をくれるんならしてやってもいいけど、
今日本人の女の子はプレミアついてて高いんだからねっっっ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/843-e6035099
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。