上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルサレム新市街のダウンタウンに位置する
タワーレコードに行ったら、
店員さんにいきなり「イラッシャイマセー」と言われたなみちゃんです、
こんにちは。
バスタ(露天商)仕込みらしいです。
あのよく道で銀製品とか売ってるやつです。
柏にもいっぱいあったなぁ……


そう、イスラエルから日本へ
バスタでお金を稼ぎにやってくる兵役後の若者が多いがために、

イスラエルの日本大使館HPには
出稼ぎ来日を警告するお触れが貼られたらしい!!!



これ











……ナマのイスラエル人に触れたい方、
その辺の露天に石投げれば
60%くらいの確立でイスラエル人に当たりますから、
是非お試しを。
やーさんに気をつけて下さいね。当方は一切責任を負いません。












さてさて、タワレコに行ったなみちゃん。
最近お気に入りのDVDを日本に持ち帰ろうと思って
店員に聞きました。






そのDVDの名前は、







「מישהו לרוץ איתו」

(someone to run with)
(mishehu larotz ito、と読みます)



予告編はこちら(YouTube)
去年の映画祭出品のページはこちら









私は大学のプログラムで、英語字幕のこいつを見たのですが、










見た後は何故か皆ハイになってしまい、



「誰が何と言おうと、俺は彼ら(メインの登場人物)が好きだね!
 sooooooo cuteだ!!!!」




とシャウトする20代の若者達が続出。
そんなあなた達も十分キュートです。
だからとりあえず落ち着いて。








あらすじはですね、







ある高校生の男の子アサーフが
保健所からレトリバー犬を預かるのですが、

そのワンちゃんディンカがエルサレム中を走り回り、
元の飼い主である同年代の女の子タマールの形跡を
アサーフに見せるのであります。

ミステリアスな彼女の痕跡をディンカと一緒に追い、
彼女を知る人物に会って話を聞き、
時には警察に捕まったりしながらも
まだ見もせぬ彼女のことが気になってしまうアサーフでありますが、


一方でタマールは
姿を消した誰かを探しており、

その人物を救い出すために
ギターを一本抱えて
自らの身を危険に曝しながら
麻薬売買をも行うミュージシャン斡旋事務所へと潜入……











てな感じです。






いやー、メインの登場人物が高校世代の男女ですよ。
当然、彼らが遂には出会うことも
何かロマンティックなことが起こることも
観客は期待しちゃうじゃないですかw






という訳で私も映画のラストには
「そこだ! いけアサーフ!! チューだチュー!!!」
などと、友人と一緒にシャウトしていましたw
いやぁ、恋はイイよね!!!!









この映画の撮影手法自体が凝りすぎておらず
普段着のエルサレム新市街の姿が映っていますので、
そんなところも大好きです。









でも結局タワレコでは売り切れでした。
頼むよオイ。
最悪の場合は空港の免税店だな。。。。。

















そういえば前記事のパーティーでは
「初めてのチューに関するエピソード」
暴露大会などが行われ、


ユースキャンプで…
マラソン大会で優勝を約束して…


などと可愛らしいお話が展開される中、








自分のエピソードが思い出せない






という恐ろしい事態に直面したなみちゃんでありました。
あらら?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/876-d6c5321b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。