上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日から本格的に始まった新しいお仕事ですが、





某政府系機関で
パレスチナ人の学者のおじさんのアテンドであります。
(専門的過ぎてカバー出来ないので言語はアラ英混同)


アラビア語と怪しい英語を喋る日本娘なみちゃんは
他の国から来た学者さんたちにも
「マイ!」「買い物行こう!」「踊れ!」(おい)と可愛がられており、
非常に楽しいお仕事です。
でも遠いところから私の写真を取りまくるレバノンのおじちゃん。
それはマネージャーを通してくれ!!!!






さて、このパレスチナ人のおじちゃんとは
やっぱりアラビア語やパレスチナ・イスラエルネタで
盛り上がってしまう訳ですが、





やっぱり先ずはアラブの名前でもある「マイ」について
話が突入するのです。









おじちゃん:「君の名前の意味、知ってる?」









あぁ。。。。。それは以前にも。。。。。。。。。









なみ:「………。……………サル。」




おじちゃん:「そう、サルだね。」




なみ:「もっと可愛い意味が良かったのに!!(泣)」




おじちゃん:「こら、待ちなさい!
       サルはサルでも良いサルなんだよ!!!!」









サルに良いも悪いもあるか!!!!!



とか言うと動物の専門家さんに怒られてしまいそうですが。









なみ:「どういうこと??」




おじちゃん:「この種類のサルは凄く小さいんだ。
       それから活動的なんだよ。」












それはますますタチの悪いサルなのでは。




蘇るペットショップでの記憶。

ピグミー何たらとかいう小さいサルに絡まれ、
髪の毛まで引っ張られた恐怖のひととき。





あんなサルなのか。マイは。








なみ:「要はそれ、問題児ってことじゃない!!(泣)」




おじちゃん:「違う違う、良い意味で活動的なんだよ。
       自分で新しいことを見つけて遊んだり、
       外交的で日々を楽しめたり、
       そういう種類のサルなんだ。
       この”活動的”っていう単語は子どもに対しても使うんだよ。」








活発ってことスか。










なみ:「……なんだ。ちょっと救われた気分。」











日本名の「麻の衣」よりも余程私の性格を表しているかもしれない。













そんななみちゃん、彼のリサーチを手伝うにあたり、
自分のリサーチ範囲とはかけ離れた学問に手をつけて
その道の専門家を探さなくてはならないのであります。
彼に会わせるためです。







という訳で今夜は徹夜でお仕事です。
ついでに部屋も片付けよう。
さっきパパさんが部屋に入ってくるなり
「しょえー、マイさんの部屋、随分散らかってますがなー」
と一言発していったばかりです。
パパさん、あなたの娘、家のことには無頓着です。
料理も出来ないしね!!!(威張るな)







明日は大学でアラビア語の授業が2コマあるけれど、
アラブ・スイッチが入った私は人一倍活動的になり、
周りの非留学組が理解不能なパレスチナ方言
しかもエジプト方言の授業で喋りまくるので
エジプト人の先生の頭痛の種であると先週通告を受け、
彼女のお叱りを受けました。(死)
徹夜の後に臨むくらいがテンション的に丁度良い…かも?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/898-d8b70e13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。