上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横の自己紹介写真で私が着てる白いPコート、
実は袖と裾が切りっぱなし加工になっていて、
糸がほつれています。そういう仕様です。




以前これを着て祖母の家を訪ねたら、


おばあちゃん:

「あれ、まいち(親戚内で私はこう呼ばれる)、
 コートの裾がほつれちゃってるよ。
 取れちゃったのかい????」













おばあちゃん!
これはそういう仕様なの、
だから補修しなくていいんだよ(笑)。














パレスチナで出会った田舎のおばあちゃんたちも、
外の世界のこととか流行とかには縁遠いのんびりさん。




初めて村にやってきた、
しかもアラビア語をまくしたてる見た目めっちゃアジア人の娘(私)を見て、




「あの子はなんだぃ、ハーフなのかぃ??」





目が悪いし耳が遠いので、
ディティールが分からないようです。





なみ:「ちがうよおばあちゃん、私は100%日本人だよ」



おばあちゃん:「へぇ~。たいしたもんだねぇ。」






と言いながら10分後には






「で何だっけね、お父さんがアラブ人なんだったっけかね??」








がくり。

と思わず脱力してしまいますが、
彼女たちの作るご飯は本当においしいのであります。












東ドイツ出身のハーゲンのおばあちゃんも、
マイペースなマダムであるようです。






ハーゲン:「昨日おばあちゃんに電話したんだ」




なみ:「へぇ、いいじゃない」




ハーゲン:「君のこととか、
       昨日出会った日本人とロシア人の夫婦の話をしたんだよ」





なみ:「何って言ったの?」




ハーゲン:「国籍も宗教も違うamazingなカップルと、
       自由な日本人の女の子だよって言ったんだ。
       政治の話で4時間語り合っちゃうような。」





なみ:「で、何だって?」




ハーゲン:「そしたら、
       『その外国人たち、ドイツ語喋るのかい! 大したもんだ!』
       だって(笑)」


















ねぇハーゲン、
それは多分ね、

彼女が君をドイツ語しか喋れない孫だと思ってるからなんだと思うよ。w
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/932-7bc90149
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。