上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学の国際学術戦略本部で働いているなみちゃん。
イギリスの高等教育専門雑誌の記事を要訳したりもしています。




毎週金曜日、
THES(The Times Higher Education Supplement)の記事を一本訳して
ブログに載せているわけですが、

「イギリス高等教育??」








いやいや、案外面白いんですよコレが~。




例えば今は
イギリスの神学者たちが暴動の準備をしているとのことですが、



それは別にミャンマーのお坊さんたちみたいな理由であるわけではなく、
2つめの学位を取ろうという人に対しての支援を
政府が大幅に削減しようとしているせいなんだとか。



イギリスでは「生涯学習」の感覚から、
学士を2つ取っちゃったりするものなんだとか。
例えば外国語学部に通う私が外国語系で学位を取りつつ、
他の大学を受けて物理で学位を取る、
なんて事態がイギリスでは結構あるらしいですよ。
(ちなみになみちゃんは物理サッパリだめっ子です)




神学部の学生は
他学部であらかじめ他の学位を取ってから神学へ進むことが多い
(要は2つ以上学士を取ろうってわけです)

 ↓

政府が
「学士ばっか取ってないで修士や博士に進みなさい、
 つか他に大学行きたい人に援助しないとダメだし」
と援助削減

 ↓

神学部のひとたち超激怒、






という訳ですね。
本領発揮のクリスマスなのに抗議活動に忙しそうだなぁ。
国会も荒れてるらしいですよ。












あとは
「研究機関にビジネスモデルをどう取り入れるか?」
みたいな記事も多く出ていて、






「大学も慈善団体じゃないんだから、
 会社みたいなシステムを取り入れた方が利益上がるでしょ?
 企業とのつながりも大事だし。」



「いやいや何を言う、
 大学と企業はそもそも馴染まないのであって……」









みたいな議論は、
訳してて「ほうほう」とか思わず納得してしまいます。
誰もが納得する中間点、イギリスでは見つかるでしょうか? 
法人化した日本の大学は?












ちなみにこのTHES、
世界の大学のランキングを出しました。









日本の大学だと、
東大・京大・大阪大あたりが高評価。
でも上位10位は英米が占めたね。












ま、そんな感じで、
頼まなくても勝手に国際的な視点から評価されちゃう世知辛い世の中なんです。
だから「日本も国際化しなきゃ!」と国はプロジェクトを組んでみたりして、
20の大学で実験的に「大学の国際化推進プロジェクト」を進めているわけですが、



その20のうちの1校である外大。
トップの司令ばかりでなくボトムのモチベーションと組み合わせて動かないと、
また無駄なお金使っちゃうんですよね。
その「動き」を作る場所で働けるのは、すごくワクワクします。
大学にばかりイニシアチブを持たせてなるものか!




……企画書、頑張って間に合わせなきゃ。(締切はクリスマスです)

仕事が楽しすぎて毎日ドキドキしていて
電車の中でもお風呂の中でも企画を考えてしまう私、
「君が居たら他には何も要らないのv(はぁと)」
なんて恋愛漬けな事態は今のところ想像できないです(笑)。






「OFIAS海外高等教育専門紙の報道」
 ←毎週一度更新中
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/939-dd4923e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。