上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱まで出して、大学をお休みしましたなみちゃんです。
インターン先の企画に遅れが。。。。。
と思ったら上司さんまで頭痛でお休みでした。
流行ってるんでしょうかねぇ。お大事にしていただきたいものです。
(自分が早く治せってば)



だるいよー。



ぐだぐだベッドに横になりながら
ぼうっと考えるのは、
企画のこと。
なかなか意のままにならないアラビア語のこと。
すでに一発芸化しているpoorなヘブライ語のこと。
もう1ヵ月返事を寄越さないバカハーゲンのこと。(いい加減振るぞコラ)
アメリカで頑張ってるお兄ちゃんのこと。
留学期間に出会った友達のこと。
それから、











一人暮らしの西岸で風邪をひいたときに
どうやって乗り切ったか、なんてこと。






料理をしない私が一人暮らしで体調を崩すと
ホントひどい日々を送る羽目になるんですよ~。





西岸では、

唯一自慢できる腕前で炊けるコメを準備する気力も体力もなし、
這うように家から出て行って
家の前の知人のスーパーでプリンを5個くらい買い込み、
2個くらい食べて冷蔵庫にしまい、
また昏々と眠り続ける、

なんて日々を3、4日繰り返して治しておりました。
病院に行ったことないや。薬も飲みませんでした。












去年の今頃も風邪をひいたんですけど、

ちょうどそこにやってきたのは
デンマーク人のヘンリック。
トルコ系ドイツ人サメットと一緒になって私を妹のように可愛がってくれた
24歳のナマケモノな兄ちゃんであります。





普段は(身長は低いくせに)態度がでかくて我が道をゆく彼、
ドアを開けた私がガタガタ震えているのを見て
珍しくオロオロ。




ヘンリック:「マイ! 何か買ってくるよ!
       何でもするから、頼むから寝てくれ!!」









何でも? (・∀・)









という訳で、暴風雨と雷の中、
ニンジンを買いに行かせました。







びしょぬれヘンリック:「買ってきたよ。
              で、どうするんだい?」





なみ:「齧る。」(・∀・|||)




ヘンリック:「……料理した方が。。。。。。」










と、そこに助っ人登場!
近所の子供ら(兄妹)3人が我が家に突入。








アリージュ(双子の女の子12歳):「マイ! うちにお茶飲みにおいでよ!」




ヘンリック:「アリージュ、マイは具合が悪いんだよ」




アフマド(双子の男の子12歳):「マイ、病気なの?」




なみ:「えーと……」




ヘンリック:「そうだよ、何か食べ物がないと死んじゃうよ













悪い大人です。











アブドゥ(男の子13歳):「アリージュ、スープでも作ろうよ!」




アリージュ:「そうするわ! マイ、寝てて! キッチン借りるわね」










すばらしいよアリージュ。
うちにヨメに来てほしい。(おいおい)













と、安心して寝ようと思ったのもつかの間、









「マイ! ガスどうやってつけるの?」

「マイ! スープの素はどこ?!」

「マイ! これ片付けるよ!」

「マイ! これちょーだい」

「おーいマイ、子どもらが部屋片付けてるぞー」













……なんか余計に忙しくなったんですけど。














なみちゃん、とうとうブチ切れて、

「一人にして!!!!!!」


と叫んで部屋にこもりました。



「言ってしまった……」
「でも辛いのは事実だし……」

なんて後悔しつつメソメソしてたら
ヘンリックまで再びオロオロしだして、
「大丈夫? 君のそんなとこ見たこと無いよ……」とのたまう。

うるせぇっ。君が子どもをしっかり監督してくれればいいんだようっ。
もうね、君みたいな甲斐性ないやつとは絶対結婚しないよ!
私学んだ。









なんてイジケていたら、
台所から漂ってくるいい匂い。
アリージュが2人の男の子を叱りつけながら
掃除と料理をこなしている声が聞こえてきて、


子どもらが「ごめんね」とスープを運んできてくれて仲直り。
皆でベッドに座って一緒に食べました。











アリージュの家はお世辞にもお金があるとは言えないし、
私の家の冷蔵庫にも全然ストックがなかったから、
出来あがったのはあんまり具の入っていない素朴なスープ。



でもね、ちょっとじーんとして、
涙目になりながら食べたなみちゃんであります。
少々子育て気分、な1月のとある日でした。


大変なのは分かるけど、やっぱり子どもは3匹くらい欲しいなぁ。
甲斐性のあるダンナを募集中。国籍不問です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/967-5a7ab868
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。