上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なみちゃん、Facebookを使ってるのですが、
(北米発祥、今ではグローバルなSNSです、mixiみたいな)






留学中に知り合った友人と連絡をとるために
平和にマイペースに使っていたはずなのに、
最近怖いことが多発。





1.イギリス人ズに迫られる

「君のこと、もっと知りたいんだ!」
とメッセージを送りつけてくれるノッティンガムの人(男27歳)。
「友達になってくれる?」
といきなり友達申請をしてくるロンドンの人(男39歳)。
こわい。
特にノッティンガム氏は毎日写真を変えて迫ってくるので更におそろしい。
でもビミョーに日本語を混ぜてメッセージを送ってくれるようになりました。
いや、何も返事してないけど。どっかのドイツ人よりは勤勉であるようです。





2.年下にpokeされまくる

何故か18歳の男の子にばかりちょっかいを出される。
国籍はアフガンから南ア、マレーシア、カナダまで色々なのですが、
何がしたいのかよく分からない若造たちであります。
なんか写真の中で銃構えてサングラスかけてる18歳がいたりして、
「えぇぇぇぇ。。。。」と思いながらも変に関わりたくない私。









yellow cabとか思われてるのかなぁ。
友達が増えるのはいいことだけど、
必要なプロセスが抜けているこの気味悪さ。
ページを開くのが毎回恐ろしいよ。







ネットで出会う、というのもアリといえばアリじゃないですか。
実際に私もmixiでは新しく出会った人たちにいい刺激をもらっているし、
ボスニア・ヘルツェゴビナ出身アメリカ在住の同い年の男の子と文通してるし、
彼とは7月に日本で会う予定ではありますが、
(そしていつか私はバルカンに行くのだ)







そもそも特に異文化圏・非母国語でコミュニケーションを取っていると、
「ん?」と引っ掛かったことが
相手が変態だから起こった問題なのか、
それとも異文化だから起こった問題なのか、
時々分からないものです。
パレスチナでも、最初の頃はアシュラフによく騙されたなぁ。
相手の反応が見えないネットでの出会いは恐ろしさ倍増ですよ。








まぁ今回のFacebookボーイズは間違いなくカンチガイ系だとは思うんですけど。
是非一昨日来ていただきたい。日本娘なめんな。







ところで、アクセス数が2006年11月からの14ヶ月で
めでたく15万を突破いたしました!
ありがとうございます!


これを機に重大発表を……









と思ったんですけど、
考えてみれば今更発表するようなモノなんてないのでありました。
何かナミキがブログ上でやったら面白いこと、ありますかね???
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/977-a392501e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。