上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ICQをつけっぱなしにしておくと、
ハーゲンがチャットで話しかけてくれます。




しかしこの男、



根暗です。












ハーゲン:「最近よく眠れないんだ」



なみ:「何で? 課題があるとか?」



ハーゲン:「考え事しちゃってさ」



なみ:「何か考えるようなこと、あるの?」








私は眠れないなんてことアリエナイんですけど。
どこでも寝られるしね。










ハーゲン:「将来のこととか。軍を辞めて、平和活動をしたいんだ」



なみ:「あら、いいじゃない。軍役の後の良い目標ね」



ハーゲン:「でも僕はそういう活動にふさわしくないかもしれない。
       文民の方がいいんだろうね」








そんなことない。








なみ:「両方必要だって、思わない? あなたには知識とスキルがあるはずよ」




ハーゲン:「でも僕は武器を使うことと戦艦を操縦することしか出来ない男なんだ…」












それだけのことが出来て、

何で「~しか出来ない」とか言うん?



だったら私なんかアラビア語を喋ることしか出来ないんですけど。









なみ:「平和ってバランスが難しいことでしょ。
    文民だけじゃ手に負えないことも必ずあるのよ。
    そんな時は、両方が協力しないといけないの。
    だから君が必要だと私は思うんだよ」




ハーゲン:「でも僕は本当に何も持たないんだ……」



なみ:「そんなこと無いって、何も持たないのは私の方」



ハーゲン:「でも…」













えぇいっ、「But」が多すぎだこらぁっ。












なみ:「いいから、アフリカでのミッションの間に目一杯学んできなさい!
    絶対にそのスキルを必要とする平和活動があるはずだから」




ハーゲン:「でも、君は本当にそう思う?」



なみ:「決まってるでしょ!!!」











ミッションを幾つかこなした2年後くらいが熟れ時なんでしょうねぇ。
まだ21歳。妹と同い年なんですけど。
青田買いというよりまだ青くない田んぼを買ってしまったのかも。
まぁしょーがない、地道に教育するかぁ。









と思っていたら、




ハーゲン:「じゃぁ軍役が終わったら君と中東で会って、
       そこで一緒に仕事してノーベル平和賞を取るんだ」














そ、それは大きな話だなぁ。。。。。。w
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://janiksenpoika.blog40.fc2.com/tb.php/995-0398d6ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。